ピクシブ百科事典

南斗鳳凰拳

なんとほうおうけん

漫画『北斗の拳』に登場する架空の拳法。
目次[非表示]

概要

南斗聖拳108派の頂点とされる南斗六聖拳の一つ。
伝承者は「将星」の宿命を背負う男・サウザー

六聖拳の中でも最強と云われており、他の六聖拳では太刀打ち出来ないともされている。
「帝王の拳」とも称され「敵(下郎)の攻撃に臆する必要はない」という理念から防御の型である構えが存在せず、その分、相手よりも素早く間合いを詰めることが可能であるという。至近距離から放たれる手刀は一撃でも強力なダメージを与え、初戦で不意を突かれたケンシロウは瀕死の重傷を、一撃を仕損じたシュウは生命線である脚の腱を断たれてしまう。

北斗神拳同様に一子相伝の継承があり、伝承者となる者は師である先代伝承者との死闘に勝利しなければならないなど過酷な戒律が存在する。サウザー自身も、かつて師であるオウガイに勝利し鳳凰拳伝承者となるが、最愛の師をその手にかけたことで愛を失うことに恐怖するようになり、非情の暴君へと変貌してしまう。

奥義

極星十字拳
天翔十字鳳

関連項目

北斗の拳 拳法
南斗聖拳 南斗六聖拳
サウザー オウガイ

pixivに投稿された作品 pixivで「南斗鳳凰拳」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25931

コメント