ピクシブ百科事典

オウガイ

おうがい

オウガイとは、漫画・アニメ『北斗の拳』の登場人物。

誘導

  1. 小説家森鴎外
  2. パチンコ戦国乙女』の登場人物。→室生オウガイ

概要

南斗鳳凰拳先代伝承者であり、サウザーの師。本編ではすでに故人であり、サウザーの回想シーンにのみ登場する。

子がいなかったオウガイは捨てられていた赤ん坊のサウザーを拾い、次期伝承者として実の子のように育てた。オウガイの修行は厳しくも愛のあるものであり、後にサウザーはその修業の日々を「辛いと感じたことはない」と語っている。

そしてサウザーが15歳になった時、オウガイから目隠しをした状態で襲い掛かる敵を倒すという試練を課せられ、サウザーはそれを見事成し遂げる。しかし、その敵の正体はオウガイであり、一子相伝の南斗鳳凰拳の宿命として、先代伝承者は新たな伝承者に殺される運命にあった。オウガイは「お前の瞳の中に極星南斗十字星を見ていたのだ」という言葉を残して息絶えた。

自らを愛情をもって接し育ててくれたオウガイを己の手で殺してしまったこの出来事はサウザーの心に大きな傷を残し、「こんなに悲しいのなら、苦しいのなら、愛などいらぬ!」という言葉とともに、彼を非情なる暴君へと変貌させた。サウザーが子供達を使役させて築かせていた聖帝十字陵は師・オウガイの墓であり、己の愛と情の墓標でもあった。十字陵内部には彼の遺体(即身仏)が安置されている。

作中でサウザーは彼を「お師さん」(アニメ版では「先生」)と呼んでおり、ファンもそう呼んでいる。

また、アーケード版北斗の拳にも登場する(もちろん使用キャラではない)。
サウザーを使いサウザーステージで勝利すると台詞が「お師、もうすぐあなたの聖帝十字陵は完成する」となり、その場面で空にオウガイの顔が出てくる。
ニコニコ動画では、よくこの時のオウガイにコメントで台詞を付けられており、それに対し他の視聴者がコメントでツッコミを入れるのがお約束となっている。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「オウガイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62847

コメント