ピクシブ百科事典

卯の花ガンモ

うのはながんも

「ひみつのアッコちゃん」に登場するキャラクター。
目次[非表示]

CV:堀絢子滝万沙子(第1作《1969-1970年》) / つかせのりこ三田ゆう子(第2作《1988-1989年》) / 竹内順子(第3作《1998-1999年》)

人物像

初登場は、「鬼になったアッコちゃん」(りぼん別冊ふろく1963年2月『ひみつのアッコちゃん』)。
豆腐屋の息子でいつでも着物姿。
語尾に「~でゲス」を付けるのが口癖で、どこか横丁の御隠居を思わせる老成した男の子。落語家がモデル?
(―赤塚不二夫公式サイトキャラクター紹介より引用)

原作

ひみつの家(※)のオーナー。
(※秘密基地のようなもの。権利金があれば貸してくれる。借りるのは主にカン吉。)
初登場時は子供だけで喫茶店に入りコーヒーを飲むような大人びた性格だったが
後々の回では年相応の悪ガキらしい描写も多い。
1962-1965年の第1期連載では「~やんす・~でゲス」といった語尾はほぼつかない。

アニメ

第1作・原作:年齢不明
第2作:小学1年生。(カン吉、チカ子は同級生)
第3作:小学2年生。(同上)

落語好き。第2作では三味線日舞も嗜む。
劇場版第2作ではキーオと共にゲートボールを好んでいる描写がある。
第3作では宇宙飛行士に憧れているという設定がある。

雪像大会で「高級絹豆腐」の雪像を作ったり[第2作15話]
実家の豆腐店の客足が落ちたことで悩む描写があったり[第3作33話]と
家業への愛着も強いことが伺える。

アニメでのメイン回

第1作
23話「落語がすきすき」
第2作
13話「ガンモの落語名人劇場」
第3作
11話「落語と豆腐と宇宙人!」 
18話「巨大鯉を探せ! 夏の冒険」
33話「ガンモの豆腐道!」

関連タグ

ひみつのアッコちゃん 赤塚不二夫

pixivに投稿された作品 pixivで「卯の花ガンモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 103398

コメント