ピクシブ百科事典

名無しのスタークジェガンパイロット

ななしのすたーくじぇがんぱいろっと

名無しのスタークジェガンパイロットとは、ガンダムUC第1話に登場したスタークジェガンのパイロット。
目次[非表示]

概要

ロンド・ベル隊に属するクラップ級キャロットのMS隊小隊長。
記事名の通り、乗機はスターク・ジェガン

設定上の名前もない所謂モブキャラであるが、第1話冒頭にて極めて印象深い活躍をしたことで強烈な印象を残している。

劇中での活躍

袖付きの偽装輸送船ガランシェールの追撃中に出撃したクシャトリヤと交戦する。

僚機であるジェガンD型2機があっという間にファンネルによって撃墜されたのに対し、このパイロットは機体の性能や武装をフルに活かした対オールレンジ攻撃戦術を披露して格闘戦に持ち込み、短い時間ではあるが互角に渡り合った。
この時、

  • バズーカによる散弾の飽和攻撃でファンネルの動きを牽制しつつ、ミサイルを織り交ぜて攻撃する
  • クシャトリヤが攻撃を避けて近付いてきたところで、すかさず必要なくなった火器管制システムをオフにして撃ち尽くしたバズーカを投棄してミサイルポッドをパージ。この後の行動のためにできるだけ機体を軽量化する
  • 残ったファンネルによる攻撃を受けるが、コックピットを追加装甲でカバー(この時代、装甲材の改良によってファンネルでMSを撃墜するにはピンポイントで急所を撃ち抜きでもしない限り何発も当てる必要がある)しつつ突撃、ファンネルが使いにくくなる格闘戦に持ち込む(格闘戦をしながらファンネルで正確に相手を撃ち抜けるのは、ハマーン並みのファンネルの制御に優れたニュータイプくらい)
  • 最初の斬り合いで機体のパワー差を察し、鍔迫り合い時に機体を回転させて力をズラし、押されないように対応する。更にクシャトリヤが大量のスラスターで補っているとはいえ重MSで、ジェガンは小回りの利く機動性重視のMSであることから、何度も方向の急転換をさせて振り回す一撃離脱戦法を繰り返す
  • 月を背にする巧妙な位置取りで遠近錯覚を利用しつつ、コックピットを潰すべくビームサーベルで刺突を仕掛ける

などなど、相当な熟練パイロットであることを窺わせる描写を見せた。

しかし、クシャトリヤの両肩に搭載されたバインダー内蔵のスラスターの噴射をぶつけるという奇策で突撃を防がれ、その隙にビームサーベルによってコックピットごと真っ二つにされて撃墜され、死亡した。
両断された機体からの残留思念から、「袖付きめ・・・」と言い残している。

HGスターク・ジェガンの説明書によると、第二次ネオジオン戦争でアムロが駆るνガンダムを目撃し、放たれたフィン・ファンネルによるオールレンジ攻撃のパターンを見たことで、以後対オールレンジ攻撃戦術を構築していたらしい。

なお、先に撃墜されたジェガンパイロットも、撃墜こそされたが、反応は出来ているため、対NT訓練等は受けてないにしろ、それなりに戦い抜いたパイロットであることが分かる。
(あの時は機体の自動回避システムが、多角的なファンネルに対処仕切れなかったために、殆どかわせずに撃破されたらしい)

関連タグ

ガンダムUC
クシャトリヤ
マリーダ・クルス
スターク・ジェガン

pixivに投稿された作品 pixivで「名無しのスタークジェガンパイロット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48404

コメント