ピクシブ百科事典

名護屋河鈴蘭

なごやかわすずらん

ライトノベル「お・り・が・み」「戦闘城塞マスラヲ」「レイセン」の登場人物
目次[非表示]

CV:猪口有佳 種﨑敦美(ヒマワリ)

概要

ライトノベル「お・り・が・み」の主人公。莫大な借金を背負う薄幸の少女。その借金のカタに悪の組織「魔殺商会」でメイドとして働かされることとなる。
15の負位置の魔導力を持つ稀有な存在であり、聖女にも魔王にもなれる者として闇の世界の戦いに巻き込まれていく。
物語初期は薄幸の少女らしい性格であったが、数多の戦いを通し変わっていき、ある出来事をきっかけに完全に吹っ切れて今の破天荒な性格となった。
最終決戦後、自分の力と引き換えに主人である貴瀬と出会った日から死んだ全ての人と魔人を蘇らせ、普通の人間に戻る。そして、人々を蘇らせた聖女であり、人と魔の戦いに終止符を打った魔王であることから、「聖魔王」と呼ばれるようになる。

胸は貴瀬曰く「思ったよりある」とされているが、だいたい貧乳扱いである。

戦闘城塞マスラヲ」では

続編の「戦闘城塞マスラヲ」では、聖魔杯の主催者及び参加者として登場。主人公である川村ヒデオの最大の敵として、彼の前に立ちふさがる。

作中の扱いを見るに、胸は成長していない模様。

レイセン」では

本編には殆ど関わらず、主に番外で登場する。その行動はフリーダムの一言。

尚、胸は(ry

ヒマワリ:unUtopialWorld」では

第二回聖魔杯に参加者として登場。いつも通り愉快犯だったり真面目に世界の将来を考えたりする。

尚、(ry

関連タグ

お・り・が・み 貧乳 総帥

pixivに投稿された作品 pixivで「名護屋河鈴蘭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13306

コメント