ピクシブ百科事典

和歌山大学前駅

わかやまだいがくまええき

和歌山市にある南海本線の駅である。
目次[非表示]

概要

和歌山県和歌山市にある南海本線の駅。和歌山市北部のニュータウン「ふじと台」の最寄り駅であるため、副駅名が「ふじと台」となっている。車内の放送でも「次は、和歌山大学前、ふじと台です」とアナウンスされる。
和歌山大学という駅名がありながら徒歩20分、直行シャトルバスで4分と意外と離れている。
又、南海電鉄では18年ぶり、南海線では新今宮駅開設以来46年ぶりの新駅である。
開設は2012年4月1日。駅番号は、NK-43
余談だが当駅開業後、JR和歌山駅の利用者が減少する一方で、和歌山市駅の利用者が増加傾向にある。

駅構造

相対式2面2線の地上駅で有効長は175mの8両編成の電車が停車する。
開業当初は特急以外の電車が停車していたが、2014年10月18日の改正でサザンも当駅に停車することになった。

発車標は、南海初のLCDを採用。乗車位置も○(4扉)と△(2扉)のマークを採用するなど、最新基軸を盛り込んでいる。これらの要素は、後に難波駅の改修工事にフィードバックされている。

のりば路線方向方面備考
1南海線下り和歌山市方面
2南海線上り泉佐野なんば方面関西空港へは泉佐野で乗り換え

利用状況

  • 2017年(平成29年)度の1日平均乗降人員は、8,878人である。
  • 開業後から利用者が増加傾向にあり、2016年(平成28年)度には僅かながら林間田園都市駅(8,666人)を上回った。
  • しかしながら、駅の計画が決まった2007年(平成19年)の乗降人数予想は6000人を見込んでいたものの、開業年の利用者は予想の約1/3と悲惨なものだった。2014年3月に駅直結のイオンモール和歌山ができてからは、土休日限定でみさき公園どまりだった区急の和歌山市延長もあり、平均乗降人数が一気に増えた。


利用状況比較表

年度乗降人員
2012年度2,721人
2013年度4,363人
2014年度7,436人
2015年度8,152人
2016年度8,691人
2017年度8,878人


関連タグ

和歌山大学 南海電気鉄道 和歌山県内の駅一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「和歌山大学前駅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41

コメント