ピクシブ百科事典

四恵

しのめぐ

漫画『食戟のソーマ』に登場する四宮小次郎と田所恵のNLカップリング
目次[非表示]

『ーー何故 こんなにも 心に染みるのか
   この味は・・・ まるで・・・ 母の愛ーーーー』

概要

俺様な遠月卒業生四宮小次郎(パリで活躍する一流フレンチオーナーシェフ29歳)気弱な在校生田所恵(遠月高等部一年15歳)との歳の差カップリング。

※歳の差(青年少女)以外にも身長差(180cm×154cm)身分差先輩×後輩レギュムコンビ両極端(九州弁×東北弁)等と萌え要素も含め様々な関係性が成り立つカプであるが、取り分けドSの年上ワガママ男と純朴な薄幸少女という構図が人気を博す所以となっている。

本編での経緯

「合宿編における非公式の食戟」では堂島氏の見事な機転及び采配並びに創真の力強い後押しを受け、恵は初めて料理と真剣に向き合い本来の実力が遺憾無く発揮されたことで斬新且つセンスが光る渾身作虹のテリーヌ(和素材の紫蘇・すだち活用+日本伝統保存食"干し野菜"の熟成による旨味をドライトマトでアクセント付け等=四宮の課題と同じ野菜のテリーヌながらフレンチに和の趣をプラス)を完成させる。

そんな恵の拙くも響くホスピタリティ溢れる料理に四宮は奇しくも幼き日の母との思い出を想起するほど母の愛を感じ、張り詰めていた心が氷のように解け優しく癒されると同時に高みを目指すあまり見失った大切なモノも思い出す。

即ち長年孤独な闇に囚われし頑なな心(停滞)も一筋の涙と共に浄化され、一夜にして嘗ての情熱に満ち溢れる若かりし頃を彷彿とさせる四宮へと覚醒を果たす。

一方の恵も理由はどうあれ日本を牽引する憧れのスター・シェフ四宮との貴重な食戟を経て強力な武器(ホスピタリティ)と共に度胸・自信がつき、最悪な出会いから始まりし真逆な性格の二人がこの日を境に年齢・立場に拘わらず一料理人として成長・前進し合えた意味のある関係は実にドラマチックで素敵な巡り合わせといえる。

実際、四宮はこの食戟以降相変わらず物言いは厳しいもののSHINO’s本店スタッフらも明白な変化に疑問を抱くほど丸くなり(=本来あるべき姿へ)心許したことで強き信頼・絆をまざまざと窺える良好な関係が築かれている。
加えて料理面では食戟において和仏折衷珠玉の一皿(虹のテリーヌ)=恵流フレンチスタイルを目の当たりにし強い刺激を受けたことで、これまではシュー・ファルシ(キャベツの繊細な甘みを巧みに生み出し味全体の品位を高める等、「仏・オーベルニュ地方郷土料理」を研ぎ澄まされた感性で紡ぎ直したワンランク上の贅沢な逸品)然り9種の野菜のテリーヌ(各野菜の甘みが作り上げるハーモニーを楽しむ仏料理前菜メニュー)然りと、五基本味の一つ甘味に焦点を置きレギュムの魔術師らしく野菜本来の甘さを最大限活かす調理工夫がなされ美味を堪能する本場仕込みのフレンチであったが、現在では賄いのゴボウのキッシュ(「仏・ロレーヌ地方郷土料理」を和素材の牛蒡メインに華麗なアレンジ)を見るや明らかに食戟以前とは異なりフランス×日本のマリアージュに日本発の旨味(仏料理の味の基本となる出汁ブイヨンに頼らず牛蒡の皮の旨味を存分に活かし奥深い味を表現。且つ又"熟成による旨味増強も加味した旨味成分豊富な食材(調味料含む)選択・併用による旨味相乗効果"で旨味補強)を重視した、フランス文化にも触れし日本人だからこそ成し得る料理を追求すべくフレンチと和の要素が織り成す「フランコジャポネへとベクトルを大きくシフトし自身の料理へ吸収・昇華させている。

それ故、四宮がスポンサーの意に反してまで「SHINO’s日本出店」を決断するに辺り「もう一度自身の生まれた国で料理と向き合うことが三つ星を獲るためにどうしても必要」であると"人生の大きな転機を迎え"そう思い至りし根底には、食戟時における恵の料理に少なからず影響を受けた(救われ導かれた)が為と捉えられる。

尚、恵のお陰で自我を取り戻し再び前進できた四宮はこの日本出店を機に遂に念願であった母のために極上フレンチを振る舞い、何にも勝る最高のご褒美(=母の幸せそうな満面の笑み)を受け取っている。

また将来的には接点である郷土料理(田舎出身の二人が互いにオーソドックスで素朴な郷土料理と関わり合うのも、偏に郷愁を誘う愛情溢るるお袋の味的ぬくもりや温かさが心地良く性に合っているが故と窺える=料理の方向性における価値観の一致)ないしは恵が今まで料理人として成長する重要な節目において何かと縁深いフランス料理を究め、やがてはスカウトされかけた四宮の店「SHINO’s」へ就職する可能性は大いにあり得る。

何れにしても学園OBであり基本的にフランスを拠点とし活躍する四宮とは合宿以来絡みはなくとも繋がりは(以上のとおり)依然進行形の様相を呈し、何よりある女性との運命の邂逅(=人生の大きな転機を迎える)を契機に過酷な環境下から心身共に解き放たれ進むべき道が開かれる(女性に救われ導かれる)という意味では黒木場&アリス(リョアリ)葉山&汐見(アキ潤)のお馴染み両CPと何ら変わらぬプロセスを辿っており、料理人として人生(己)を変えし特別な相手(女性)の持ち味を皿に宿らせ益々輝き続ける(進化)言わばあの台詞へ通ずる彼らに果たして恋愛的関係変化は訪れることと相成るのか!?全ては今後の動向に刮目といったところであろう。

但し本編にて進展がない期間は、既定路線を歩むべくそれ以外の公式の場を通じ「徐々に情報(=その他参照)公開されしことで関係を匂わせ続ける」調整が確と図られ今に至る故、一足先に来るべき時を迎えているーー。

この先、当の本編にて如何様に展開され関係が移り行くのか?多少なりとも興味のある方は、是非ご自身の目で一組の料理人が奏でる至福のフルコース(=恋の顛末)を緩りとご堪能あれ!!

※ついでながら念のためこの場を借り記しておくと、絡みは多分にあるメジャーカプ(創恵)だが現状「恵は創真に対し肉魅や倉瀬のような恋愛感情は抱いておらず、当然ながら進展は皆無」なため誤解なきよう。

その他

因みに"四宮のプロフィール"における好きな女性のタイプ「うるさくない女」である点でも事実「恵」は(四宮周辺の女性陣を窺う中で)相応しく、まさに似合いのカプといえるが、
それに関連して一部解禁されたての誕生日&血液型
四宮4月20日(境界は正確には天文暦で出生の歳時を調べ牡羊座or牡牛座と判断するようだが、------------------------作中での人物像は紛れもなく牡羊座)・B型
 【12月19日(射手座)・O型】       
においても読み解くと、そつなくリアルな導き「=牡羊座B型男性にとって射手座O型女性は好相性」同様施されてあり、総じて<恋愛面を明確に謳った作者の意向を如実に表す公式プロフィール>となっている。
(更に言えば"恵のグラビア風プロフィール"に添えられし台詞「震える瞼 結んだ唇・・・ あぁ僕は 何度でも君と 恋に落ちてしまう」もまた四宮の心情を投影させたカタチと捉えられ、一連の見事にリンクし尽くされた設定は実に芸が細かい)

時にスピンオフ漫画~L'etoile1話~では食戟以降フランスへ戻った四宮が事ある毎に「鈍間」と(恵を)思い出すばかりか、意外にも「下の名」まで記憶し思わず恵に反応するという驚くべき(デレ)展開を見せている。

またTVアニメ第2期食戟のソーマ弐ノ皿~第8話~では創真と恵が出向いた魚河岸にて図らずもCP名を冠した「四恵水産」なる看板が公然と作中に登場している。
原作にはない一見して制作者サイドの遊び心が垣間見られるシーンの意味するところや如何に・・・!?
(尤も前述した四恵と同過程を辿りしリョアリ・アキ潤双方の関係がクローズアップされる、肝要な選抜決勝を狙い巧妙に演出されている時点で理解に難くないところである)

そしてTV アニメ第2期Blu-ray食戟のソーマ弐ノ皿~第5巻特典ドラマCD~では話自体に"四恵要素"は直接存在しないものの、上記一件と密に連動され言外に示し「真意」が明らかにされたことで間接的ながら「関係確定」に及んでいる。
即ちキャストとして創真(ほぼ全巻登場)以外に「四宮」がここに来て抜擢されしは、もうお分かりのように「"秋の選抜決勝"収録巻特典」故の当然の帰結に他ならない。

関連イラスト

レギュムコンビの告白!
「母ちゃん・・・
レギュムの二人漫画



関連タグ

食戟のソーマ 四宮小次郎 田所恵 NL 食戟男女カプ 歳の差カップル

pixivに投稿された作品 pixivで「四恵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 289712

コメント