ピクシブ百科事典

四月一日さんには僕がたりない

わたぬきさんにはぼくがたりない

四月一日さんには僕がたりないは、漫画家遠山えまによる、現在漫画雑誌ARIAで連載中の日本の女性漫画。略称は、「わたぼく」。
目次[非表示]

あらすじ

暦乃大学付属高校の生徒会長、四月一日レイラは、誰にも言えない秘密を抱えている。それは、家がラブホテルだということ。ある日レイラの学校の会計が転校したため、選挙が行われた。そこで当選したのは三月終。ふわふわとしていて、「大丈夫か…?コイツ……」と、副会長に言われるほど。
その日レイラがラブホ(自宅)へ帰宅すると、母が仕事で疲れきっており、そこに置いてあったカルボナーラが死に向かっている!と、レイラは母を寝かせてからカルボナーラを部屋へと運びに行く。すると、その部屋には同じ学校の制服が。「私がここにいることがバレたら人生がオワル…」と、レイラは走馬灯を見るほどテンパっていた。そこでコンドームを踏んでしまったり、手ぬぐいをつけたかと思ったらパンツが乗っていたり、ローションの入れ物を踏んでしまい、レイラはベッドに倒れてしまう。
すると、その部屋で風呂に入っていた男の方が裸で歩いてきた。
だがそれは、三月終だった。
大人気作家が描く思春期迷走系ラブコメ。

登場人物


CVはドラマCD版のもの。


四月一日レイラ CV石原香織
4月1日生まれの生徒会長。学年主席の証のケープをまとう、清く正しく美しい、生徒たちの憧れ。ラブホに住んでいることの他にもう一つ秘密があり、その秘密というのは、男性恐怖症で、多汗症でもある。

三月終 CV小野賢章
3月31日生まれのゆるオラ男子。会計に当選して、生徒会メンバーに。レイラとの取引でラブホに住む。レイラの事が好きなのが、読者にはバレバレ。

佐津木立夏 CV斉藤壮馬
冷静でレイラの信頼も厚い生徒会副会長。レイラのことが好き。

如月うるる
たわわな胸とおしりのワンコ系女子。バカが付く正直者で、たまに核心をつく。

馬場奧都
優しく頼りげな生徒会書記。レイラのファン。

大海草香
風紀委員長で理事長の孫。レイラをライバル視している。

七七瀬織姫
終の婚約者で、終のトラウマの元凶らしいが、真相は…!?

七七瀬星彦
懺悔室に登校する問題生徒。レイラに男性恐怖症を蘇らせる。

天の声(ドラマCD版のみ)杉田智和
若本規夫アムロの真似をしながら、ドラマCDを進めていく。何故かレイラと会話したりしている。

関連記事


遠山えま

コメント