ピクシブ百科事典

退廃的な妖しさを持つ「現代の美人画」を描く日本の画家
愛知県立芸術大学日本画科卒、愛知県立芸術大学大学院日本画修士課程修了。
幼いころは自分の事をベジータと思い込んでいたベジータ系女子だったらしい。

ツイッターで『おセックスとゆーものは、その面倒くさい作業をはぶく合理的な手段なのだと思う。でも「自分誠実ですから」ぶった男はきちんと段階を踏もうとする。今週は水族館行って〜♪来週は手つないで〜♪。。おセックス以外から始まる恋愛の仕方を忘れてしまった私にはホント時間の無駄に思えてしかたがない。』という特有の恋愛観を語ったことから一部の界隈「おセックスおばさん」略して「おセ婆」などと呼ばれている。

関連項目

唐澤貴洋:彼女の絵画を30万で購入し、雑誌への寄稿を依頼された弁護士。その後も何度か会食に誘っていたが、Facebookでの下心丸出しのやり取りが暴露され、ギャラリーストーカー(作家目当てで作品をダシにする人)呼ばわりされた他、坂根自身も「金目当てに童貞中年の純情を弄んだ美人商法」と言い掛かりを付けられた。また、唐澤弁護士の自伝本『炎上弁護士』を自宅に送り付けられ、拒否せずに受け取ったらしい。

関連記事

親記事

画家 がか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「坂根輝美」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 832

コメント