ピクシブ百科事典

夏侯氏(張飛妻)

かこうし

古代中国の後漢末~三国時代の人物。
目次[非表示]

生年:187年
没年:?年

概要

『魏書』「夏侯淵伝」の魏略に記録が女性。
夏侯淵の姪、夏侯覇の従妹。張飛の妻、劉禅の皇后・張氏の母。
(諱などは不明)

兗州と豫州が混乱すると、飢饉の中で夏侯淵は自分の幼い子を捨てて、死んだ弟の遺児である娘を養育したという、それが彼女と言われる。

200年、13~4歳の時、本籍地の郡沛国譙県たきぎを取りに出かけたところを張飛に捕らえられ、張飛は彼女が良家(夏侯一族)の娘だと知り、妻にした。
その後219年、夏侯淵が戦死すると、遺体を埋葬するように願い出た。
蜀に亡命した夏侯覇は、夏侯氏と縁戚だったために厚遇され、車騎将軍まで昇進した。

創作物での登場作品

最強武将伝三国演義』:夏侯蓮

夏候蓮



三国志大戦』:夏侯月姫

三国志大戦ありがとうございました



真・三國無双シリーズ

無双ブラスト2枚


夏侯姫を参照。

関連タグ

三国志 夏侯淵 夏侯覇 張飛 夏侯一族

コメント