ピクシブ百科事典

大年寺三郎太

だいねんじさぶろうた

「将太の寿司」の登場人物。

主人公、関口将太が並みいる強豪を制して新人コンクールの東京大会で優勝した後登場し、読者に今後のパワーバランスを気にさせた。
27歳というが、老け顔をしている。「東北の竜」「孤高のハイパー寿司職人」などの異名を取る。

料理人殺し(キラー)こと武藤鶴栄をして「生半可な腕でない」と言わしめる。仙台のコンクールで牡蠣の寿司で引き分けに持ち込んだ将太に手応えを感じた後、自然の寿司三本勝負(山・川・海)で将太に圧勝する。しかし当人はいい勝負をしたと感じた。
専ら流れの職人をやっており(初登場時も笹寿司に雇われていた)店に勤めた期間は短いため新人コンクールの出場資格は有し(清水哲也も30前後に見え、奥万倉新一の相手にこの道12年のベテランもいたというが)、宮城代表の座を勝ち得て全国大会で将太と相見えるのを楽しみにする。

体力は人間離れしており、笹寿司の陰謀で電車にひかれた翌日に外人相手にアン肝寿司を握って三大珍味を使った四包丁の一人、武市半平に勝っている。技術面では残像で手が何本にも見える千手握りも会得している。上記の漫画はそうした超人ぶりを踏まえたもの。
自然を「我が遊戯場」と称するが、あらゆる寿司ネタを知り尽くしている。

当初は吾子飛男はキャラが掴めないと思っていたが、飽くまで真摯に寿司を握る(対決の場に向かう舟で宮本武蔵よろしく竹包丁を作ったが、調理のためのみ。舞台は凝っていたが、武藤の趣向)。

全国大会の四回戦で将太と対決、余裕で指定した勝負で正当に勝る奇策で初の敗北を喫する。将太が魚以外でと指定した牛肉勝負では見立てでまた勝つ。タコ勝負でまた敗れた(しかし東京予選で話題になった幻の寿司の再現も彼には容易いように思え、そこにいればどうなったか興味は尽きない)。島の幸勝負(この時もウツボと裸で格闘して捕らえる怪物ぶりを見せる)でまた敗れた。

その後は将太の戦力となる好漢ぶりを発揮、見守りもした。

pixivに投稿された作品 pixivで「大年寺三郎太」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 249

コメント