ピクシブ百科事典

天女目瑛

あまつめあきら

「ヨスガノソラ」のキャラクター。

天女目瑛とは、ヨスガノソラのキャラクター。
CV:阪田佳代

概要

のクラスメイト。悠と昔一緒に遊んだことのある「叉依姫神社」の娘。
温厚でいつもニコニコしているが、何を考えているかわからない部分や他人の心理を達観している部分がある。
人懐っこく、悠のことは「ハルくん」、一葉のことは「カズちゃん」、亮平のことは「亮兄ちゃん」と呼ぶ。特に一葉とは幼少時からの親友で、その間柄から彼女に怒られることが多い。
巫女神社の管理人を兼任しており、神社で一人暮らしである。そのため、普段は巫女服でいることが多い。神主だった祖父が2年前に亡くなった後は、保護者となってくれたやひろの家へよく食事を作りに行っている。また、老人達の手伝いで町内を走り回っており、皆に可愛がられている。
煮物が得意で、よく作り置きをしている。
記憶力が優れており、昔の出来事などをよく覚えている。背丈は小さいが毎日神社の長い階段を昇り降りしているせいか、体力は人一倍ある。
テレビアニメ版のおまけパートでは、デフォルメ化された際に登場人物の中で唯一顔が極端に巨大化されており、目の焦点もブレまくっている。に悪酔いした初佳には、「デメキン」とまで呼ばれた。その際における顔の大きさは、話数が進むにつれて大きくなっている。

関連タグ

ヨスガノソラ 巫女
渚一葉

pixivに投稿された作品 pixivで「天女目瑛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64193

コメント