ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

A life is not important except in the impact it has on other lives.

~他人の人生に影響をもたらしてこそ、人生には意味がある~


MC NAME:MC MasterMind(エムシーマスターマインド)

CV:黒田崇矢


プロフィール

誕生日1月23日
年齢46歳
職業自称・詐欺師
身長190cm
体重79kg
血液型A型
一人称「俺」、「おいちゃん」
好きなもの人を手玉に取ること、居酒屋巡り
嫌いなもの退屈、病院、騙される事
好きな食べ物ラーメン
嫌いな食べ物椎茸

概要

どついたれ本舗のメンバー。詐欺師

非常に社交的だが、目的のためなら手段を選ばない。

その反面、約束したことは必ず守る義理堅さも持っている。

常にふざけた口調で、真意が読み取れない。

(最初に発表された公式サイトのプロフィールより引用)


いたるところに金の装飾品を身につけ、黒いファーコートを羽織り、サングラスをかけるという、いかにもマフィアのような風貌。

というか担当声優の黒田崇矢氏そのまんまな容姿だったりする

(黒田氏本人もプロフィールイラストを見せられた際「いつ撮った(俺の)写真?」と呟く程。)


楽曲

『FACES』

作詞:Amon Hayashi

作曲:DirtyOrange・Amon Hayashi

編曲:DirtyOrange


『Count the money』

作詞:ぽおるすみす

作曲:INNOSENT in FORMAL・TAKAMICHI TSUGEI

編曲:TAKAMICHI TSUGEI


登場

オオサカ・ディビジョンの存在やその代表チームのメンバーのお披露目は2019年9月7日、大阪で開催された4th LIVEで初めて行われた。しかし、天谷奴やチームリーダーの白膠木簓はコミカライズ等において既に先行登場していた。


コミカライズに関しては、天谷奴は「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle- sideB.B&M.T.C」に登場している。


ヒプノシスマイク初のフルアルバムである「Enter the Hypnosis Microphone」収録のドラマトラック「Don't Play No Game That I Can't Win」にも登場しているが、この段階で既に黒田氏が声を担当している。


余談

ドラマトラック、「Aikata(s)Back Again」では一人称が「おいちゃん」となっている。


彼の登場によって主要人物の最年長が神宮寺寂雷から天谷奴零へと移った。


標準語を話す


彼のみ長らく血液型が不明だったがヒプアニ2期のアニメーションにてしれっと血液型がA型であることが判明した。


関連タグ

ヒプノシスマイク

どついたれ本舗 白膠木簓 躑躅森盧笙














ネタバレ


ドラマトラック「Helter Skelter」にて、オオサカに飛び立っていて不在の一郎から萬屋ヤマダの留守を預かっていた二郎三郎の前に突如現れ、衝撃の真実を告げる。


天谷奴はBusterBros!!!のメンバー3人の父親だったのだ。


一郎に「自分たち以外の家族は死んだ」と告げられていたために最初はそのことを信じようとしなかった二郎と三郎だったが、兄弟しか知らないはずの肩の傷の秘密を知らせることで信じさせるに至らずとも強く動揺させた。

「一郎に依存し過ぎるが故に成長が阻まれている、だから自分の所に来い」と誘う天谷奴。しかし二人はそれを拒絶しラップバトルに持ち込む。


ラップバトル自体は天谷奴が引いたことで終了。その後は「一郎は確実にお前らに隠し事をしている、この俺が保証してやるよ。」と呟き、一郎への不信感を煽っていった。




余談ではあるが、天谷奴が山田兄弟の父親という真実はドラマトラックでカミングアウトする前からある程度考察されていた。


主な根拠として


天谷奴零(AMAYADO REI)の文字を入れ変えると「山田零(YAMADA REI)」と「アルファベットのオー(O)」になる。Oはゼロに見え、バスブロの名前と合わせると0123と順番に並ぶ。実際、上記ドラマトラックでは自身の策略でオオサカ・ディビジョンに飛ばした一郎に宛てたメモに「やまだれい」という名を書いており、それを見た一郎は「親父か」というセリフを発した。そのため、山田兄弟の父親の名前が「れい」と読めるということは確かなようだ。


・MC NAMEがBusterBros!!!のメンバー同様、名前の前に「MC」が付いた形になっている。この名付け方はバスブロのメンバーを除けば天谷奴だけである。


・天谷奴のテーマソング「FACES」には「東に躍動する遺伝子」、「一世二代果たすのはリベンジ」など、西日本に存在するオオサカ・ディビジョンに所属していながら東日本について触れている歌詞があり、「東に躍動する遺伝子」(=息子達)と自分とで、何か(誰か)に対してリベンジしようとしているのではないかと示唆されている。それ以外にも山田兄弟を彷彿させる歌詞が散見しているという意見が多くある。


また、普段はサングラスしているが外すと灰色(右目)と緑(左目)の山田家共通のオッドアイなのが確認できる。


やがて公式サイトのプロフィールが更新され(https://hypnosismic.com/character/osaka/mc_mastermind/)、山田三兄弟の父親である事の他、詐欺師という肩書もあくまでも自称である事、かつて軍の技術開発部に所属していた事、そしてヒプノシスマイクを開発し中王区にもたらした張本人である事が明記された。


そして飴村乱数の制作者でもある。

乱数に関しては本人なりに助力をするときもあり、覚醒したばかりの乱数に煙草の味を教えたのは彼。(煙草関連はコミカライズエピソードにある)


さらにネタバレ

中王区CDのドラマパートにてラボを占拠される。

その際に乙統女に”とある人物”の身柄を拘束されているということが判明した。

”とある人物”に関しては普段はひょうひょうとしている零ですら触れられると動揺するぐらいの者であり、長い間意識がないこともわかる。


そしてドラマパート終盤。言の葉党が新たなることをやろうとした際、零はクローン乱数を使いさらには自身の権限で真正ヒプノシスマイク以外は起動できないようにした。

関連記事

親記事

どついたれ本舗 どついたれほんぽ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26730547

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました