ピクシブ百科事典

姉崎まもり

あねざきまもり

姉崎まもりはメディアミックス作品『アイシールド21』の登場人物。
目次[非表示]

セナを…いじめないで!(74tn down 最強の五角形より)
CV:平野綾

概要


主人公・小早川瀬那の年上の幼馴染み。11月24日生まれ。A型の16歳(2年生)。身長162cm、体重48kg。ベンチプレスは20kg(9th down参照)。特技は料理と裁縫。シュークリームをg単位で重さを見極められる。苦手なものは図工で、他は5なのに美術の成績だけは1である。

髪色が赤茶系なのは母親が日系アメリカ人のクォーターである為で、劇中何度も男子生徒やら現地人が言い寄ってくる。面倒見がよく、規律に厳しい委員長気質の人間で、校内では風紀委員も務める。
セナとの付き合いの切っ掛けは、母親同士が料理教室で仲良くなったため。以来、姉代わりを自認し、彼に対して過保護気味に接する。

その性格ゆえに、傍若無人なヒル魔との関係は最悪で、彼の素行に対して意見が言える数少ない人物。だが、セナとは違う意味でほっとけないからか、本編の途中からは(ヒル魔が少々一方的にからかってくる形とはいえ)凸凹コンビのようなやりとりが見られるようになる。
「セナは主務とマネージャーを兼任しているので負担が大きい」という嘘を真に受け、セナの護衛を兼ねて、マネージャーとして恋ヶ浜キューピット戦以降アメフト部に入部する。
ヒル魔の巧みかつ強引な隠蔽工作により、セナがあくまで主務であると思い込んでおり、アイシールド21として試合に出ていることは、盤戸スパイダーズ戦の試合直前まで知らずにいた(この時にセナ自らが明かした)。

完璧超人と思われがちだが、絵の才能は最悪で、美術の時間でも人物画の授業で周囲に逃げられるほど。また、大のアナログ派であるためにパソコン操作も苦手という機械音痴の一面も見せている(携帯は普通に使えているので、あの男ほどひどくはない。まあ、あっちはそれ以前の問題だが)。

大好物はシュークリームでシュークリームのことになると目の色が変わる。また、お気に入りのシュークリームのレシピまで完全に記憶している、気に入った店はいくつも押さえているなど、けっこうオタクっぽいところもある。

関連イラスト

mamori in eyeshield21
ファッ×ンマネージャー 姉崎まもり



関連タグ

アイシールド21 シュークリーム
ヒルまも

関連記事

親記事

泥門デビルバッツ でいもんでびるばっつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「姉崎まもり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1519652

コメント