ピクシブ百科事典

目次[非表示]

瀧夏彦とはアイシールド21の登場人物である。

プロフィール

落合弘治
学校/チーム泥門高校1年/泥門デビルバッツ
身長184cm
体重76kg
誕生日4月10日
血液型AB型
家族父・母・妹
背番号37
通り名瀧ジェントル夏彦バカ
ポジションタイトエンド
40ヤード走5秒1
ベンチプレス90kg

概要

死の行軍の途中で迷子になったセナが出会った陽気な青年。
本作品中大田原と一二を争うバカで、妹の鈴音をして「超絶バカ」と言わしめている。成績はまさかのオール1。中学時代にアメフト部に入ろうとするが学校にアメフト部はなく、高校でアメフト部がある学校を片っ端から受験するが全て不合格だったため、単身渡米するという、バカであるが故の行動力の持ち主。なお、泥門高校は定員割れのため全員合格だったのだが、その通知が届いた時には既にアメリカだった。
中途入学の猛勉強の際には九々も覚えきれてない事から大変な苦労が必要とされたが、アメフトを絡めると理解できるというなぞの特性を発揮し、ギリギリだったが見事に合格点をクリアし、正式に入部。なお、合格する前から勝手にセナ達のいる教室にいたため、入学して間もないながらも多くの生徒が彼のバカっぷりを知っていた。
しゃべる時、最初に「アハーハー」と言う癖がある。
ちなみにバカで陽気な性格は父親譲りらしい。

能力

柔軟性が極めて高く得意技はI字開脚。バカであることを除けば(それなりに)何でもできるオールラウンダー。
アドバイスも単純過ぎて酷いものが多いが、バカゆえのポジティブな直感と直言、そして行動力でチームの危機を救う事もあった。
極めて強い負けず嫌いであり、少しでも自分より上だと感じた相手がいたら、すぐさま努力を重ねて追いつこうとする、熱い情熱の持ち主。しかし、その利点は相手の得意分野に真正面からぶつかるばかりで打開策を考えないという欠点でもある。
当初は自分を神から愛されている人間だと思い込んでいた為そこからくるツメの甘さがあったが、スパイダーズ戦にて自分がただの普通よりちょっと高いだけの男だと認める。しかしそれで折れるのではなく、「神様を見返して見せる!」と成長。自分をぶつけるのではなく、チームを勝利に導くチームプレーをするようになる。
世界大会ではチームの補欠としてメンバー入りし、見事にロシア代表を相手にタッチダウンを決めた。
卒業後はアメリカで映画のエキストラをしながらアメフトをしている。

容姿

長髪の金髪に顎鬚が特徴。スパイダーズ戦の途中からゴムバンドで髪を束ねる。

関連タグ

アイシールド21 タイトエンド バカ 愛すべき馬鹿
泥門デビルバッツ 瀧鈴音 小早川瀬那 雷門太郎

関連記事

親記事

泥門デビルバッツ でいもんでびるばっつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「瀧夏彦」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「瀧夏彦」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7861

コメント