ピクシブ百科事典

宇都宮業綱

うつのみやなりつな

宇都宮業綱とは宇都宮家第4代目当主。(1156年-1192年)

概要

第3代目宇都宮家当主・宇都宮朝綱(1122年-1204年)の長男。

1189年には、奥州合戦に発向する大手軍に父・朝綱とともに参戦。吾妻鏡の同年9月の記述によると、この時既に子の宇都宮頼綱は小山政光の猶子に出されている。

1192年、父・朝綱に先立ち36歳の若さで死去した。

余談

「業綱」は初名で後に「成綱」に改名している。

ちなみに宇都宮成綱という武将はもう1人いるが、そちらは第17代目当主・成綱(しげつな)である。

コメント