ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

宵星の騎士ギルス

じゃっくないつおるふぇごーるぎるす

ETERNITY CODEで登場した闇属性・機械族の下級モンスター(遊戯王カードWiki)。
目次 [非表示]

カードテキスト編集

効果モンスター制限カード

星4/闇属性/機械族/攻1800/守 0

このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。

デッキから「オルフェゴール」カードまたは「星遺物」カード1枚を墓地へ送る。

このカードと同じ縦列に他のカードが2枚以上存在する場合、

さらにこのターン、このカードをチューナーとして扱う。

(2):自分フィールドに他のモンスターが存在しない場合に発動できる。

お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。


概要編集

オルフェゴール専用の終末の騎士といった効果を持つ。

墓地で発動する効果から動くオルフェゴールにとっては当然ながら初動な1枚初動となる。落とすカードには星遺物も対応範囲なので、星鍵士リイヴの条件も満たせる。

トークン生成効果もあるため、墓地効果を使用せずともリンク2になる事ができる。相手のフィールドにも生成してしまうが、これ自体はジャックナイツの為の列形成にも使用できる。



当時の環境で活躍していたオルフェゴールのせいで終末の騎士やダーク・グレファーに規制が入った状況でこのパワーカードが登場した為、明らかに規制前提で刷られたカードと言われる事が多く、実際に登場から9ヶ月弱で制限カードとなっている。


余談編集

妹を救うこと以外何でもできる男」ことニンギルスの最終形態であり、マスターガイド6では双星神a-vidaによって彼が再誕した姿との事。レベルと攻守は星杯に誘われし者と同じである。


左手の位置には妖精となったガラテアがおり、生成する星遺物トークンのイラストにも起用されている。


ちなみにトークン生成と合わせてEXデッキに存在する全ての妹になれる。以下方法。


星杯神楽イヴオルフェゴール・ガラテア

→トークンをリンクスパイダーに変換してリンク召喚

(ガラテアはリンクリボーでも可)


星杯の神子イヴ

→縦列2枚ある場所に召喚してチューナーにし、トークンとシンクロ召喚


星鍵士リイヴ

→効果で星遺物を落としてトークンとそのままリンク召喚


関連タグ編集

効果モンスター ジャックナイツ オルフェゴール


外部リンク編集

遊戯王カードWiki - 《宵星の騎士ギルス》

関連記事

親記事

ジャックナイツ じゃっくないつ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 70500

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました