ピクシブ百科事典

寺田屋事件

てらだやじけん

寺田屋事件とは幕末に起こった事件の一つで、薩摩藩士の同士討ちである。坂本竜馬が襲撃を受けた事件とは異なる(混同されやすいそうだが、竜馬が襲われた方は寺田屋騒動と呼ばれていることが多い模様。)
目次[非表示]

事件の背景

幕府の外交方針に業を煮やした有馬新七ら薩摩の過激な尊王攘夷派の藩士たちが上洛、旅籠寺田屋に集結した。彼らは関白九条尚忠、京都所司代酒井忠義を殺害する計画を抱いていた。

上意討ち

島津久光が勅使を伴い幕政改革のため兵を率い上洛。過激派たちはこれを倒幕の挙兵と誤解。久光は剣術の使い手である藩士を寺田屋へ説得に向かわせ聞き入れないならば斬るように命じた。
過激派は説得に耳を貸さず戦闘に至る。有馬ら過激藩士9人が戦死した。西郷従道、大山巌は謹慎処分となった。
薩摩の攘夷派を排除したことで京都における薩摩藩の評判は上がり久光は薩州大明神と称えられた。
闘死した9名には墓が建てられなかったが、後に西郷隆盛が建て墓碑名も彼が書いた。

関連タグ

幕末

pixivに投稿された作品 pixivで「寺田屋事件」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663

コメント