ピクシブ百科事典

岸里樹里

きしのさとじゅり

「花ざかりの君たちへに登場するキャラクター」
目次[非表示]

人物

役者 松田まどか(2007年版)/柏木由紀(2011年版)
2年。合同ダンスパーティでクイーンになりたいがために実行委員を務め、女性パートを務める桜咲学園の生徒に嫌がらせをした計算高い腹黒女。
名前は岸里駅(大阪市西成区、地下鉄四つ橋線)から取られている。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」(2007年版)

表記は『岸里樹
花屋敷ひばりの取り巻き「ひばり4」の一員。ひばりの片腕的な存在で、よくひばり(突っ込むこまりに「おだまりこまり」ということが多い。また、佐野以外の男性にみとれる3人に対して、睨む場面がある。ひばりの言うことには殆ど肯定的だが、ひばりが下着を盗まれたという自体に対しては「それはないかと」と言ったり、合同コンパで佐野が自分の隣に来た際、ひばりを差し置いて話をするなど例外もある。第7話の時点では、嵯峨と付き合っていたが、その後の彼の弱い姿をみたためか別れた模様。最終話では何故か萱島に惹かれ、付き合うことに。スペシャルのバレンタインチョコ争奪戦でも萱島にチョコを渡していた。

「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」

表記は2007年版と同様『岸里樹
聖ブロッサム女学院の副会長でひばりから留守を預かっている。2007年版における花屋敷ひばりの立ち位置を踏襲しており、佐野に想いを寄せている。
礼儀正しい丁寧な言葉遣いが特徴で「ご機嫌麗しゅう」などお嬢様言葉も使用する。佐野の近くにいる瑞稀が気に入らないため、合同ダンスパーティの練習では嫌味をいったり、当日には中央を足で引っ掛けて瑞稀に被害を与えるなど腹黒い一面を持っている。これをみていたひばりからは「正直は正々堂々と」といわれ、その言葉をきっかけに改心した。その後、目的を果たした瑞稀に対し「感服した」「何者にも変え難いものを残された」と評価する言葉を言い残した。

コメント