ピクシブ百科事典

御広敷・銀二

おひろしきぎんじ

『御広敷・銀二』は、境界線上のホライゾンの登場人物。
目次[非表示]

基本情報

名前御広敷・銀二
襲名不明
字名不明
HN礼賛者
契約神不明
役職なし
CV白石稔


人物像

食通でオタク。一人称は『小生』
調理部に所属しており、兎角『食』に関する知識、武蔵の農業や畜産についての知識については
おそらく三年梅組の中で、一、二を争える程度に長けている。
武蔵の食糧事情についての説明も、分かりやすく事細かに分かりやすく説明できる程度。
もっとも、アニメでは、時間の都合上色々割愛されたのだが……。

生命礼賛者で、ロリコン。
生命礼賛を口実に幼女タッチを棚上げしている。
彼が捕まったら「他人」ということで、クラスメイトの見解は一致しているようだ。

走狗は、三頭身少女型。うさみみの付いた巫女装束。
名前は不明だが、白砂台座ブランド。
余談ではあるが、うさぎを神の使徒としている神社は、住吉大社調神社などがある。
(調神社は、狛犬ならぬ狛兎があり、食物神が祀られている)

ちなみに、あやかり元は大奥における男性職員の詰所の『広敷』で
大奥の台所を預かっていた役職なので、調理部なのもうなずける話である。

名(迷)台詞・名(迷)口上など

「さ、最悪ですなこの女! 十歳以上だし! ババ――」

「い、いや小生思わず興奮してしまい幼女に対して失敬千万! ほ、ほら点蔵君! 君、忍者なのだから発破で自爆してこの艦をぶっ飛ばして下さいよ! つまりババアと男は死ね! 幼女は生きろ! あ、小生も生かす方向で一つ!」
近くの二桁人数が御広敷に正拳を叩き込んだ。

pixivに投稿された作品 pixivで「御広敷・銀二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 833

コメント