ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
センシティブな作品
片手で持てるサイズの小さな鏡。

概要

概要

コンパクトミラーとも。に持って使う携帯可能な化粧や身だしなみの確認などで、男女問わず一般的に使用されている。

大概は鏡面は手に収まる程度の大きさ。その下部に柄の付いた型もしくは、二つ折りのカード型などが一般的である。値段は様々で日用品として安く売られているものもあれば、ブランド品や骨董品など高価でデザイン性の高いものもある。


歴史

歴史

もともと祭祀の道具であった鏡が、化粧道具として浸透していく中で、手鏡が誕生したのは、日本では室町時代以降と言われる。江戸時代には化粧の発展と共に庶民に普及していった。

この頃の手鏡は水銀を多用した金属製の銅鏡であり、日本では明治時代になってから、現在のようなガラス製のものが作られるようになった。


使用例

使用例

ポケットから取り出しても不自然ではないものであるため、手品詐欺痴漢の道具としてもしばしば用いられる。某植草教授の事件では、手鏡が使われたとされている。

最近では、携帯電話に手鏡と同様の機能を持たせたものも存在する。


アニメでは『ひみつのアッコちゃん』に変身アイテムとして魔法のコンパクトミラーが使われる。このおもちゃはシリーズを通して爆発的な売り上げを記録した。


関連タグ

関連タグ

ミラー

ミラーマン

コンパクト

概要

概要

コンパクトミラーとも。に持って使う携帯可能な化粧や身だしなみの確認などで、男女問わず一般的に使用されている。

大概は鏡面は手に収まる程度の大きさ。その下部に柄の付いた型もしくは、二つ折りのカード型などが一般的である。値段は様々で日用品として安く売られているものもあれば、ブランド品や骨董品など高価でデザイン性の高いものもある。


歴史

歴史

もともと祭祀の道具であった鏡が、化粧道具として浸透していく中で、手鏡が誕生したのは、日本では室町時代以降と言われる。江戸時代には化粧の発展と共に庶民に普及していった。

この頃の手鏡は水銀を多用した金属製の銅鏡であり、日本では明治時代になってから、現在のようなガラス製のものが作られるようになった。


使用例

使用例

ポケットから取り出しても不自然ではないものであるため、手品詐欺痴漢の道具としてもしばしば用いられる。某植草教授の事件では、手鏡が使われたとされている。

最近では、携帯電話に手鏡と同様の機能を持たせたものも存在する。


アニメでは『ひみつのアッコちゃん』に変身アイテムとして魔法のコンパクトミラーが使われる。このおもちゃはシリーズを通して爆発的な売り上げを記録した。


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

センシティブな作品
片手で持てるサイズの小さな鏡。

概要

概要

コンパクトミラーとも。に持って使う携帯可能な化粧や身だしなみの確認などで、男女問わず一般的に使用されている。

大概は鏡面は手に収まる程度の大きさ。その下部に柄の付いた型もしくは、二つ折りのカード型などが一般的である。値段は様々で日用品として安く売られているものもあれば、ブランド品や骨董品など高価でデザイン性の高いものもある。


歴史

歴史

もともと祭祀の道具であった鏡が、化粧道具として浸透していく中で、手鏡が誕生したのは、日本では室町時代以降と言われる。江戸時代には化粧の発展と共に庶民に普及していった。

この頃の手鏡は水銀を多用した金属製の銅鏡であり、日本では明治時代になってから、現在のようなガラス製のものが作られるようになった。


使用例

使用例

ポケットから取り出しても不自然ではないものであるため、手品詐欺痴漢の道具としてもしばしば用いられる。某植草教授の事件では、手鏡が使われたとされている。

最近では、携帯電話に手鏡と同様の機能を持たせたものも存在する。


アニメでは『ひみつのアッコちゃん』に変身アイテムとして魔法のコンパクトミラーが使われる。このおもちゃはシリーズを通して爆発的な売り上げを記録した。


関連タグ

関連タグ

ミラー

ミラーマン

コンパクト

概要

概要

コンパクトミラーとも。に持って使う携帯可能な化粧や身だしなみの確認などで、男女問わず一般的に使用されている。

大概は鏡面は手に収まる程度の大きさ。その下部に柄の付いた型もしくは、二つ折りのカード型などが一般的である。値段は様々で日用品として安く売られているものもあれば、ブランド品や骨董品など高価でデザイン性の高いものもある。


歴史

歴史

もともと祭祀の道具であった鏡が、化粧道具として浸透していく中で、手鏡が誕生したのは、日本では室町時代以降と言われる。江戸時代には化粧の発展と共に庶民に普及していった。

この頃の手鏡は水銀を多用した金属製の銅鏡であり、日本では明治時代になってから、現在のようなガラス製のものが作られるようになった。


使用例

使用例

ポケットから取り出しても不自然ではないものであるため、手品詐欺痴漢の道具としてもしばしば用いられる。某植草教授の事件では、手鏡が使われたとされている。

最近では、携帯電話に手鏡と同様の機能を持たせたものも存在する。


アニメでは『ひみつのアッコちゃん』に変身アイテムとして魔法のコンパクトミラーが使われる。このおもちゃはシリーズを通して爆発的な売り上げを記録した。


関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

もっと見る

コメント

コメントはまだありません

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

すべて見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

無料で読めるpixivノベル人気作品

  1. ヒロインに婚約者を取られるみたいなので、悪役令息(ヤンデレキャラ)を狙います

    読む▶︎
  2. 麗しのオメガと卑しいアルファ〜カースト逆転オメガバース〜

    読む▶︎
  3. 僕たちは番じゃない

    読む▶︎

pixivision

カテゴリー