ピクシブ百科事典

挟み撃ち

はさみうち

両側から攻撃を仕掛ける事。

ある物を双方で挟み、そのどちらからも抜け出せないようにし、双方から攻撃する
敵は二正面作戦を強いられることとなり、戦力の分散および背後を容易に突かれる形となる上に逃げることも難しいため、挟み撃ちが成功すれば攻める側が圧倒的に有利になる。
反面、攻める側も敵をサンドイッチできるだけの戦力を整えなければならないうえ、戦力を分散させるのはこちらも同じ事であるため、生半可な戦力やヘボい指揮で行った場合、敵に意図を見破られて各個撃破されたり逃げられたりするリスクも存在する。
しかし、少ない戦力を地形効果などで補って挟み撃ちを敢行した結果、敵に大打撃を与えて大きな戦果を挙げた例もあるため、指揮官や軍師の手腕が問われる戦法といえる。

太古の昔から存在する使い古された方法ではあるが、その有用性は現代戦でも当たり前に通用する。
ただ、銃火器による攻撃が当たり前となった現代戦では、挟み撃ちをする場合はお互いの射線を避けるように兵士を配置しなければ同士討ちが発生しかねないため、味方の兵士同士が射線上に入らないように部隊を展開することが基本中の基本とされている。

pixivに投稿された作品 pixivで「挟み撃ち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82161

コメント