ピクシブ百科事典

探偵左文字

たんていさもんじ

『名探偵コナン』の世界で大人気の推理小説

概要

名探偵コナンの劇中にて登場する小説家『新名任太郎』が描く探偵小説のタイトル。
日本刀を携えた隻眼の探偵『松田左文字』を主人公にする。
犯人を言い当てた後、刀を抜いて犯人に一句読むのが定番となっている。

小説のシリーズは40作近くあり幾度もドラマ化されており、工藤新一江戸川コナン)の愛読書の一つである。
またドラマがリメイクされる度に犯人を変えて、読者(視聴者)を楽しませている。
10年前に犯人と炎の中で消えるのを最後にシリーズは完結された。
左文字のファンは数多くおり、中には連載を再開させなければ編集部に放火すると脅した過激なファンが存在する。

編集部は4年前から新名任太郎に連載再開を依頼していたが、「左文字は死にました、蘇ることはもうありません」とずっと拒まれ、再開は絶望的と思われた。
しかし、最近になって『2/1の頂点』のタイトルで復帰し、原作者の新名自身もフランスに暮らす売れない小説家として登場した。

左文字役の俳優、剣崎修はコナンと面識がある。

関連タグ

新名香保里

関連記事

親記事

新名香保里 しんめいかおり

コメント