ピクシブ百科事典

新名香保里

しんめいかおり

新名香保里は『名探偵コナン』のゲストキャラクターである。

概要

CV:大坂史子

OL推理作家。22歳。

名探偵コナン作中に度々登場する「探偵左文字」シリーズの作者である新名任太朗の娘。初登場時はOLをしており、仕事で遅れたものの夜遅れて江戸川コナンらのいる「毛利探偵事務所」を訪ねてくる。その目的は謎の失踪を遂げた父・任太朗と母親を探してほしいというものだった。

コナンらと共に任太朗が編集社に送ってくる暗号入りのFAXの暗号を解いていったところ、実は任太郎は病気により余命いくばくもなく、最後の謎解きとして暗号により読者を楽しませていたことが判明する。結局、香保里は任太郎の死に目に会うことができなかったが、父親の意思を継ぎOLを辞めて小説家へと転身し探偵左文字シリーズを引き継いだ。

その後は左文字シリーズの作者として名前のみだが新巻にも登場しており、父親譲りの文才を発揮していて、コナンやその他の名探偵なども愛読しておりその内容に感心している。

関連項目

名探偵コナン 探偵左文字 松田左文字 剣崎修 毛利探偵事務所

関連記事

親記事

名探偵コナンの登場人物一覧 めいたんていこなんのとうじょうじんぶついちらん

子記事

兄弟記事

コメント