ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

メディアミックス・ジャパン(通称MMJ)というテレビ番組製作会社が製作を手掛けるサスペンス&コメディドラマ。

時効が成立してしまった事件捜査の「後始末」をする部署「時効課」に所属する霧山修一朗が、すでに時効になってしまっている事件の再捜査を趣味で行い、容疑者を突き止めはするが・・・・・・・・・・・、と言うのが大筋の内容。

放送時期

2006年1月から3月にかけて、テレビ朝日系列24局の金曜ナイトドラマ枠(ABC瀬戸内海放送は『探偵!ナイトスクープ』放送のため同日遅れネット。メ〜テレ山口朝日放送などは金曜以外の曜日に放送)にて放送された。
また、2007年4月から6月にかけて、第2シリーズ「帰ってきた時効警察」が、同じネット局・放送枠にて放送されている。
両作品とも全9話。
そして、2019年に12年ぶりの復活を果たすことが公式でアナウンスされた。

主な登場人物


エピソード

  • 修一朗を快演且つ怪演したオダギリは、「帰ってきた時効警察」第8話にて脚本を手掛けた。その内容は、修一朗が怪我で入院するハメになったため、急遽しずかが彼の代わりに再捜査をする、というものだった。
  • 番組の最後にて表示される「この作品はフィクションです」が、フィクションに語感が似ている言葉ギャグを交えたものになっていた。ドラマにとって大事なところでボケてどうする
  • しずかを体当たりで演じた麻生にとっては、この作品は出世作となった。さらにこの作品に巡り会わなければ、芸能界から足を洗う事も考えていたという。ただし、「第3シリーズ」が作られる事が決まった時は、「12年経って、あいつもっと残念になってるんだろうなあ。あー怖い怖い(要約)」と不安を募らせてもいる(が、基本的にはお気に入りのキャラではあるので念のため)。


外部リンク

関連記事

親記事

金曜ナイトドラマ きんようないとどらま

pixivに投稿された作品 pixivで「時効警察」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7405

コメント