ピクシブ百科事典

暗黒魔族ギルファー・デーモン

あんこくまぞくぎるふぁーでーもん

遊戯王OCGに登場する悪魔族の効果モンスター。

カードテキスト

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻2200/守2500
(1):このカードが墓地へ送られた時、
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
墓地のこのカードを攻撃力500ダウンの装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。

概要

原作マンガにて闇遊戯がバトルシティ編以降から使用するようになった悪魔族の効果モンスター。デーモンモンスターの一体。原作ではこのカードが登場してからデーモンの召喚の出番が激減した(おそらく入れ替わりでデッキに投入されたと思われる)。

レベル6なので召喚する場合は基本的にリリースが必要。若干不安が残るもののそれなりのステータスなので戦力としてもまあまあ活用できるが、このカードが本領を発揮するのは一度墓地に送られてからである。墓地に送られると装備カード扱いになってフィールドに舞い戻り、対象となったモンスターの攻撃力を半永久的に500ポイントダウンさせるのだ。
フィールド上は勿論、手札やデッキから直接墓地に送られても効果を発揮できるという点が大きなポイント。しかも自分の効果で装備カード化した後に墓地に送られても再度効果を発揮して舞い戻ってくるという、ある種の呪いのようなしつこさを持つ。何も考えずにこのカードをサイクロンなどで破壊しても、それだけではほとんど意味を成さない。さらに効果の発動は強制ではないため、装備させたいモンスターが居なくなれば直ぐに大人しくさせられるなど融通が利く。敵に回すとなかなか面倒なモンスターである。
ただし鉄の騎士 ギア・フリードなどのように、装備カードに関連する効果を持つモンスターに対しては十全に効果を発揮できなかったり、逆に利用されたりする場合もある。状況によっては効果の適用を諦めざるを得ないという場合もあるだろう。

注意点として「墓地に送られた」、即ち「墓地に送られた直後」このカードの効果が発揮される前に何らかの効果処理が挟まってしまうと、「(効果発動の)タイミングを逃す」ことになり、効果が不発に終わってしまう。例として手札抹殺でこのカードが墓地に送られた場合、このカードが装備カード化する前に手札抹殺による「デッキからドローする効果」の処理が行われるため、「墓地に送られた時」という条件から外れてしまい、効果を発揮できず墓地に送られたままになってしまう。
この辺りの処理は時にコンマイ語との戦いになる場合もあるので慎重且つ冷静に対応しよう。

ちなみに原作では装備カード扱いにはならず、単純に墓地に送られた際に対象のモンスターを弱体化させるだけのモンスターだった。一方で、上記のように遊戯王OCGでは不可能である手札抹殺からの効果適応ができるなど、細かい点で違いが見られる。

pixivに投稿された作品 pixivで「暗黒魔族ギルファー・デーモン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント