ピクシブ百科事典

曹操(ハイスクールD×D)

そうそう

曹操(D×D)とは、ライトノベル「ハイスクールD×D」の登場人物である
目次[非表示]

で、どんなやつなの?


ハイスクールD×Dのメイン敵組織である、禍の団の主要派閥の一つ、英雄派の首魁である男。

三国志の英雄である曹操孟徳の末裔で、同時に最強の神滅具と称される黄昏の聖槍を保有する青年。

必要とあれば人体実験や略取監禁など言った手段の選ばない危険人物だが、英雄派の主要構成員は神器を持っていたがゆえにまともな暮らしを送ることができなかったものも多く、彼等からしてみれば英雄という人類の一種の到達点という希望を見せてくれたまさに救いの光。そのため、参加メンバーの中には自ら実験台になることを受け入れた者がいるなど、相応のカリスマ性を持つ。

因みに原作終盤で発覚したことだが、一番好きな食べ物はチーズハンバーグなど割と子供な味覚を持つ。

その来歴


 実は ものすごい貧乏な農村出身。電気すらろくに通っていないという、日本人としては信じられない環境の生まれ。因みに曹操はあくまで自称であり、本来の名は別にある。

 このころから英雄が大好きで、英雄ごっこぐらいしか娯楽がないが、ある日妖怪に遭遇して殺されかける。その際初めて聖槍を発現させるが、それを使ってあっさり妖怪を返り討ちにするなど、戦闘センスはこのころから卓越していた。

 ただし、それに目を付けた正体不明の組織が彼を確保せんと動く。彼らは大金を積んで曹操の両親に彼を連れて行かせるように交渉。大金に目がくらんだ両親は、彼を預けることを決定する。

 それに対するちょっとしたつもりで家出を敢行するが、それが原因となり、彼は波乱万丈な半生を送り、そして紆余曲折あり先祖である曹操の名を名乗り、英雄派となることとなる。

戦闘能力。


 あのヴァーリにすら「最強の人間候補」と認められる、生粋の実力者。レーティングゲームでいうのならばテクニックタイプであり、その技量は作中でも最高クラス。ヴァーリに覇龍を使わせる数少ない存在であり、英雄派のトップにふさわしい実力を保有している。

 人間であることにこだわっているため防御力はかなり低いが、そもそも一撃まともに当てることすら不可能に近いという破格の戦闘能力を保有。また、聖槍がただでさえ悪魔にとって天敵であるうえ、禁手がさらに凶悪であるため、禁手のお披露目の時は何人か別件で不在だったとはいえ、イッセーたちグレモリー眷属が手も足も出なかったほど。

 戦闘においてはきちんと相手をしらべてから挑むタイプ。加えて上記の弱点が決定打にならないほどにセンスが高く、劇中において明確に有効打を喰らったことは、割と数多くの戦いが描写されているにもかかわらずイッセーが闘戦勝仏の協力のもとはなった曲射砲撃ぐらい。

 反面若さゆえか油断しやすいところがあり、イッセー相手に二度もそれが原因で一矢報いられている。当人もそれをかなり反省しており、「二度とドラゴン相手に油断しない」と自省している。

pixivに投稿された作品 pixivで「曹操(ハイスクールD×D)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 785

コメント