ピクシブ百科事典

英雄派(D×D)

えいゆうは

英雄派とは、ライトノベル「ハイスクールD×D」に登場する組織である。
目次[非表示]

どんな組織か


 ライトノベル「ハイスクールD×D」に登場するメイン敵組織「禍の団」の派閥の一つ。旧魔王派の指導者が壊滅したことを機に、新たに主軸となる勢力として台頭した。
相手を研究して弱点を突く戦法を得意としている。

 英雄の末裔や魂を継ぐ者、神器の保有者で構成されており、メンバーは全員人間なのが特徴。曹操曰く「人間がどこまで行けるのかを知りたい」を基本理念としており、悪魔などといった超常の存在に挑むことを目的としている。

 しかし、『英雄』と言えば聞こえが良いものの、概念としての『英雄』は、どちらかと言えば負の側面を象徴としている(解かりやすく言えば、ヒトラーナポレオンレーニンみたいな悪い意味での『英雄』)。
 悪く言ってしまうと、『信念』や『理想』、『大義』と言ったものではなく、「力の腕試し」という自分達の個人的な『欲望』から行動している為、自分達の行動が世界にどのような影響や混乱をもたらしてしまうかについては興味が無く、自分達の望みが叶いさえすれば基本的に手段も選ばない為、テロリスト集団である禍の団に組する事も辞さない。
 そして、テロリスト故に、洗脳や人体実験などといった非道な所業を行うことにも躊躇がない為に、一方的かつ身勝手な理屈で攻撃を仕掛けられたり、人体実験の材料にされる悪魔や神、妖怪からしてみれば堪ったものではない集団である。

 また主要メンバーの多くは生まれ持った異能ゆえに迫害されるなどといった経験を持っているものが多く、首魁である曹操(ハイスクールD×D)が示した英雄という光明は希望の光ともなっている。其のためメンバーの中には自ら人体実験を受ける者や、寿命が縮む真似を行うものも多い。
 結果としてこれまで非常にレアケースだった禁手に至る方法を発見。それによる禁手のバーゲンセールという異常事態を引き起こすなど、作中世界において技術的ブレイクスルーを果たす。さらにそれを独占するのではなく流通させることにより、神器関係ゆえに不遇を強いられていた者たちの暴走を画策するなど、現政権側との正面戦闘はあえて避け、テロリストらしい立ち回りを行っている。

 数々のテロ活動などを行い、神器のドーピング剤を開発するなど旧魔王派よりも立ち回ることに成功したが、若いメンバーが多いゆえに詰めが甘いところがある。そこを突かれる形で暗躍したハーデスの策略にはまりメンバーの一人が再起不能レベルの大ダメージを受けたことから徐々に崩れ始め、主要メンバーの大半が捕縛され、一人が死亡。組織としてはほぼ壊滅する。
……のだが、そもそも彼の情報を隠していた帝釈天が後ろ盾となる形で事実上の再結成。アザゼル杯において天帝の槍チームとして、監視役を付けられるも参戦し、本戦出場すら果たす。

黄昏の聖槍を保有する曹操や聖人の魂を継ぐ者であるジャンヌがいることから意外と人気があり、また主目的である「頂上の存在への挑戦」が結果的にあっさりかなったこともあって毒気がぬかれ、人格的にだいぶまともになっている。

因みに無条件で許されたわけではなく、各構成員が稼いだ金を使って少しずつ賠償金を払っている。そのため組織としては万年金欠状態だとか。

構成メンバー


曹操

 英雄派首魁。最強の人間候補とまで言われる、ハイスクールD×D第三章の難関。詳細は個別ページにて

ジーク

 英雄派サブリーダー。北欧神話の英雄筆頭、龍殺しシグルドの末裔。愛称はジークフリート
 教会内部で行われていた「魔帝剣グラムを使える英雄シグルドの真の末裔」を生み出すことを目的とした戦士育成機関「シグルド機関」の出身。作中初期に出てきたフリード・セルゼンはこの機関で生み出された試験管ベイビーであるなど、その成長などには未確定ながらかなりの闇が付きまとう。
 五本の伝説の魔剣の使い手となり、更には神器迄保有するという、ある意味で曹操以上のチート。だが同時に最強装備である魔帝剣グラムと保有する神器との相性が悪く、真の意味での全力が出せない不遇を持っている。
 第三章全体において、木場祐斗のライバルポジションに近く、都合四回ほど戦闘を行っている。
 原作12巻でグレモリー眷属と戦って戦死。メンバー唯一の完全退場。

ゲオルク

 英雄はメンバーの一人。悪魔メフィスト・フェレスと契約した、ゲオルク・ファウストの子孫を名乗る。
 上位神滅具である絶霧の所有者。英雄派の作戦行動は絶霧が多用されており、そういう意味では英雄派の屋台骨を支えている。また魔法使いとしての力量も高く、ロスヴァイセが驚くほど、多種多様な種類の魔法を習得している。
 英雄は壊滅後は冥府の環境が気に入ってあえて残っていたが、アザゼル杯において英雄派メンバーとして参戦する。

レオナルド

 英雄派メンバーの一人。先祖が誰なのかの来歴は不明。
 上位神滅具である魔獣創造の所有者。原作でもアニメで全然しゃべらない。
 一度は再起不能になりながらも生存するが、その経緯ゆえに唯一アザゼル杯の参加を見送られることとなる。

ヘラクレス

 英雄派メンバーの一人。ヘラクレスの魂を継ぐ者。
 メンバーの中でも外道度が高かったが、サイラオーグとの戦闘で改心フラグが立つ。
 その後はサーゼクスの計らいで徹底的に反旗を翻せないように術式をかけられたうえでだが、なんと幼稚園の用務員兼守衛をする羽目に。子供たちからは慕われているが、おじちゃん呼びされているwww
 アザゼル杯においては戦車枠で参加。サイラオーグとのリベンジマッチでは、彼に獅子の鎧を使わせるほどにまで善戦する。

ジャンヌ・ダルク

 英雄派メンバーの一人。ジャンヌ・ダルクの魂を継ぐ者。
 メンバーの中でも外道度高めな上、イッセーの乳技の前に一蹴されるという憂き目にあう。
 その後はバチカンに送られ、これまた安全策を施されたうえでだが、バチカンの食堂で働くことになる。聖女の魂を継いでいるためか教会でも応援しているものが割といており、かなり毒気が抜かれている。因みに料理の腕は微妙

コンラ

 英雄派の構成員の1人。
 神器のせいで迫害されていた中に「英雄」という光明をあたえられたことから曹操に惚れこんでおり、使い捨て同然の人体実験を洗脳も受けずに行っているほど忠誠心が強い。
 イッセーとは二度戦闘しているが、そのどちらにおいてもてこずらせるなど、なかなか見せ場あり。アザゼル杯においては戦車枠で参加する。

マルシリオ

 英雄派の構成員の1人。英雄派壊滅後にグレモリー眷属に一矢報いた根性のあるやつ。

元構成メンバー


アーサー・ペンドラゴン

 現ヴァーリチーム。もとより優遇された立場をあえて家出してまで禍の団に参加した来歴からか、英雄派とのそりが合ってなかったらしく、ヴァーリチームに移籍する。得にジークに嫌われていたらしい。

ペルセウス

 英雄派が京都で実験を行う前には、ついていけなくなって離脱。しかし曹操の目の治療を助力するなど、ある程度は関係が残っていた。
 アザゼル杯においては天帝の槍チームの騎士枠で参加している。


関連タグ

曹操(ハイスクールD×D) テロリスト 中二病

この記事のカテゴリ

関連記事

親記事

ハイスクールD×D はいすくーるでぃーでぃー

兄弟記事

コメント