ピクシブ百科事典

月詠るな

つくよみるな

アニメ「幻影ヲ駆ケル太陽」の登場人物。
目次[非表示]

CV:徳井青空

人物像

12歳の女の子。誕生日は11月18日。血液型はAB型。
太陽あかりのチームメイトで、「月詠財閥」のお嬢様。タロットカード
清楚さに加え、熊田雄一郎のような清貧さが魅力である。

テネブライモード

幻影ヲ駆ケル太陽·月咏るな


テネブライモード(バトルモード)になると、癒しの力を使い傷を瞬時に治癒したり、掌から発生させたツタで敵を拘束したりと皆のサポートの役割を担う。

本編でのるな

あかりに憧れていて、常に彼女のことを非常に気にかけている。それ故にあかりが他のメンバーと接していると快くない表情を浮かべることも少なくない。
財閥の令嬢ではあるが、双子・月詠せれなが謎の失踪をして以来、跡目争いもあって一族の中でも忌まわしい存在として扱われ、悪辣に晒されていたせいで引っ込み思案な性格になっている。
その時唯一の味方であったのがせれなであったため、失踪して長い年月が経った今でも彼女に依存している傾向にあり、姉に雰囲気が似ているあかりにただならぬ感情を抱いているのもそのせいと思われる。

しかし第9話、前の回で白金ぎんかが消滅したことにショックを受け、姉との思い出の地である別荘で静養する事になったが、その際あかりに化けたケルブレムに騙された上に、自らの虚栄心やあかりに対する執着心を責め立てられた上で皇帝のディアボロス・タロットを胸に突き刺されてしまう。
直後彼女はダエモニアとなり、ケルブレムの手下としてかつての仲間に牙を剥くことになる。

月詠るなちゃん


この時のるなはこの通りほぼ全裸というかなり際どい格好で、の如く鋭い爪牙で相手を引き裂く。また、星河せいらがるなに噛まれた際には噛み跡にのマークが浮かび上がり、テネブライモードへの変身が不可能になった。

後にあかりがケルブレムと取り引きしたことで正気に戻り、自身の弱さを見直す。両手に生やした鉤爪による近接戦闘能力を会得し、戦線復帰したぎんかやせいらと共にあかり救出へ向かう。

関連イラスト

無題
Save her...


ダエるなchan[獣化]
るな



関連タグ

幻影ヲ駆ケル太陽 太陽あかり 星河せいら 白金ぎんか ダイナマイトボディ

pixivに投稿された作品 pixivで「月詠るな」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 463478

コメント