ピクシブ百科事典

概要

日本神話に登場する神々の1柱。読み方は“きまたのかみ”、“きのまたのかみ”、“このまたのかみ”。
同訓異字で木股神と書かれる事もあり、また御井神(みいのかみ)と呼ばれる事もある。

オオクニヌシヤカミヒメとの間に生まれた井戸と樹木、水を司る神で、『古事記』の記述では性別は不明だが、祭神としている各神社の社殿では、オオクニヌシの数多くいる御子神たちの長男に当たるとされる。

また母親のヤカミヒメが彼を身籠った際に井戸の水を産湯とした事から、安産の神とされる場合もある。

神話によれば、ヤカミヒメはオオクニヌシの正妻であったスセリビメの嫉妬深さを恐れ、生まれたばかりの木俣神を木の股に破産で故郷に帰ってしまったので、この名前で呼ばれるという。

関連タグ

オオクニヌシ ヤカミヒメ スセリビメ 日本神話

関連記事

親記事

日本神話 にほんしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「木俣神」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント