ピクシブ百科事典

木鹿大王

ぼくろくだいおう

木鹿大王とは、中国の歴史小説『三国志演義』のキャラクター。

概要

木鹿大王とは、中国歴史小説三国志演義』のキャラクター。

南蛮の八納洞で3万の兵士を従えている大王
南蛮王の孟獲とは当初敵対関係だったが、諸葛亮率いる軍の出征を受けて孟獲からの共闘の申し出を快く受けて蜀軍と対峙する。
本人は白象に跨り、風雨を起こす呪文を使う上に猛獣毒蛇を使役して蜀軍を苦しめた。
しかし、諸葛亮が密かに持って来ていた火を噴く木獣兵器(通称・虎戦車)に猛獣たちが怯えてしまい木鹿大王の軍は混乱し、最期は関索に討たれ戦死する。

歴史小説のキャラクターなのでもちろん正史には登場しない。

関連タグ

孟獲
兀突骨 大王 猛獣使い

pixivに投稿された作品 pixivで「木鹿大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 260

コメント