ピクシブ百科事典

来留間麻理

くるままり

「来留間麻理」とは、『帯をギュッとね!』の登場人物であり、「おばけコアラ」である。メイン画像で一本背負いをしようとしている女の子。

解説

来留間麻理」とは、河合克敏柔道マンガ『帯をギュッとね!』の登場人物である。

浜名湖高校柔道部所属であり、主人公:粉川巧たちの一学年後輩である。

たちが高校二年生になった時に柔道部に入部した。

実は「三工(三方原工業高校)のダルマ大使」と呼ばれた、つまりは藤田恵の先輩である来留間大志の妹
姿はともかく、顔はそのまんま移植したかのようにそっくりであり、藤田などはたまに恐ろしく感じることも。
ちなみに、兄妹仲は超良好。

中学生で既に黒帯を取っており、入部した時には「ひょっとしたらけっこう(柔道が)強いんじゃないか?」と言われていたが、
ひょっとしたら、どころではなく、
天性の柔道センスを持つ天才柔道少女であり、
高校デビュー戦から一本勝ちを量産していった。
そして憧れの存在であった袴田今日子の他、数多のライバルとインターハイなどで対戦していき、ついには国際強化選手として「福岡国際女子柔道選手権大会」に出場、「ドミニク・ミリアン」などの世界の強豪を打ち破り、優勝し、「女子柔道界どころか、世界中を湧かせるスーパースター」となっていく。

得意技は背負い投げ一本背負い
「んしょっ!」などの軽い掛け声で、一本を取っていくスタイル。
しかし経験不足からか、メンタルでは少し弱い面もあり、作品中で対戦していく中で向き合っていくことになる。

ちっちゃい身体で大きな相手でさえも一本を取ってしまうところから「ひよこ番長」やら「おばけコアラ」などと呼ばれているが、本人は「セクシー・ダイナマイツ・マリリン」と呼ばれたいらしい。

に似て、どこか浮き世離れしており、幼さが残る超天然な性格。
海老塚桜子を「柔道の道」に引きずり込む強引さや、仲安昌邦に辛辣な言葉を掛けるキツい面も持つ。

ちなみに、仲安昌邦とは中学生の頃からの同級生で柔道部仲間であり、「互いを良く知っている」間柄。
柔道部の面々から二人の仲についてからかい半分で良く茶化されていたが、
仲安の方は悪態をつきつつも「実は本気」だったり、
麻理の方も「タイプじゃない」とキッパリと言いつつも、「一番心を許していたのが仲安」であったりして、
最終回ではなんだかんだで二人が付き合っている事が判明した。

そして更に後の事になるが、『とめはねっ! 鈴里高校書道部』の終盤、柔道パートのクライマックスで、解説者としてゲスト出演した。
そして「オリンピックで金メダルを二度獲得した」ことが語られた。

関連タグ

天然 幼い
天才

pixivに投稿された作品 pixivで「来留間麻理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 33

コメント