ピクシブ百科事典

海老塚桜子

えびづかさくらこ

「海老塚桜子」とは、『帯をギュッとね!』の登場人物であり、「もう一人のヒロイン」である。
目次[非表示]

解説

海老塚桜子」とは、河合克敏柔道マンガ『帯をギュッとね!』の登場人物であり、「もう一人のヒロイン」である。

浜名湖高校柔道部所属。

本作のヒロインである「近藤保奈美」の親友
中学の時に保奈美に付き添って柔道の昇段審査会に見学に行き、そこで杉清修斉藤浩司宮崎茂三溝幸宏、そして粉川巧と出会う。

その翌春、浜名湖高校へと進学したら、保奈美だけではなく、巧たちと一緒のクラスとなってしまう。
そして巧たちに連れられる形で、新しく作った柔道部に、保奈美と一緒に「マネージャー」として参加することになる。

じゃじゃ馬跳ねっ返りな元気娘。
そのノリの良さで、宮崎と一緒にギャグ担当としてバカをやったり、男子部員たちに活を入れたり、更にはバカをやりすぎる浜高柔道部の面々へキツい突っ込みをかましたりする。

また、体育の成績が10段階評価で10という、驚異的な運動神経の持ち主であり、
高校2年生の時に、新入女子部員の来留間麻理の練習相手として、その兄である来留間大志にごり押しにごり押され、柔道部女子部員に「させられてしまった」。

えびづか



初めはイヤイヤながら練習をやらされていたが、「女子としては別格の強さを持つ」麻理との練習と、その運動神経と持ち前の気合いと根性と負けず嫌いで、少しずつ柔道の能力が上がっていき、そして「柔道の楽しさ」に目覚めていく。
読者に対する「柔道初心者の追体験」を促す役回りとなる。

持ち技は小内刈りと、そこからの背負い投げの連携技。
そして抜群の運動神経と反射神経、そして麻理との練習で培った「どんな技でも避けられる」能力。
また、「必殺技」として「裏投げ」、というよりはプロレスの「バックドロップ」を持つ。
その戦い方は「粉川巧と似ている」と評されている。
更には終盤で柔道部の目標となった「筋肉で5kg体重を増やす」という目標を「男子部員より先に達成する」という「筋肉が付きやすい」特異体質も持っていた。
そのためか、たびたび柔道なんて嫌い嫌いと言っていたが、結局、大学進学後も柔道を続けていくことになる。

また、基本的に気さくで大らかな性格をしており、対戦校の生徒たちである袴田今日子別所愛子、そして薩川佐代子松原渚乙淵フネに至るまで交流していくことになる。

そしてこれらの事が要因となったのか、当時の読者人気が非常に高く、計3回に渡って行われた「人気投票」の第1回と第2回では、主人公のを差し置いて第1位となっていた。
(ちなみに第3回は1位が巧で、桜子は2位)

桜子の想い

こんな桜子であるが、作品内ではなかなか恋愛的なエピソードが大きく取り上げられることは無かった。
袴田豊を除く)

しかし、最終巻の書き下ろしにて、
実は、粉川巧への想いが片想いとなってしまっていたことが判明した。
更には、杉清修が、いろいろあって桜子に密かに片想いしていたことも判明。
ずうっと長いこと本作品を読んできた読者が色めき立つことになった。

実は、第1話にて、巧と初めて会っているのだが、そのシーンが「巧が柔道着から着替えているところをたまたま桜子が目撃してしまう」という、少々びっくりな内容であった。
なので、実は『帯をギュッとね!』という物語自体が「桜子が巧とガールミーツボーイをする物語」とも取れないことも無かったりする。

また、先述通りに「袴田豊」が桜子に一目惚れ片想いしてしまったことは、作品内で散々ネタにされ、
永田賢からはことあるごとに抱きつかれ、
にはこっそりと想いを寄せられ、
挙げ句藤田恵からも気を掛けられる、など、

桜子は、決してモテてなかったわけではないのである。

ただ単に、縁が無かった、それだけなのである。

それは、粉川巧も含めて、なのである。


そして、そんな桜子が幸せになることを願ってか、
pixivには「杉海老」というカップリングタグが存在する。
作中で杉清修と何があって、桜子が想いを寄せられることになったのかは、当該記事を参照のこと。

関連タグ

じゃじゃ馬 跳ねっ返り 元気娘
初心者
もう一人のヒロイン

pixivに投稿された作品 pixivで「海老塚桜子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1727

コメント