ピクシブ百科事典

松原渚

まつばらなぎさ

「松原渚」とは、マンガ『帯をギュッとね!』の登場人物である。メイン画像左下の人物。
目次[非表示]

解説

松原渚」とは、河合克敏柔道マンガ『帯をギュッとね!』の登場人物である。

三保女子学園柔道部所属。
(登場当初は“学院”となっていたが、まあ気にしない気にしない)

浜名湖高校と同じ県(静岡県)の女子柔道選手。
そして県大会に初出場した海老塚桜子と対戦することになる。

対戦前の打ち込み練習で、別所愛子と練習していた桜子と出会ったが、第一印象は互いに全く良くなかった。

立ち技にキレがあり、寝技も巧い好選手で、県大会で三位になるほどの実力者であるが、負けず嫌い高飛車な性格であり、格下の対戦相手を下に見下すような態度を取り、「遊ぶ」ように試合をしてしまう悪癖がある。
そのため、佐鳴高校柔道部の袴田今日子からは「大っキライ」とまで言われてしまうほど嫌われていた。

しかし、対戦相手の桜子を侮りすぎていたため、「裏投げ」と「背負い投げ」で逆転負けをしてしまう。

柔道の見識は高く、地区大会で自身に勝った別所愛子桜子の能力や弱点を研究し、雪辱を果たそうと執念を燃やす。

そのため、作中中盤まで桜子からは「あのヒトがどーも苦手だ」と断言されていた。

ところが。

後輩・薩川佐代子

松原自身は、桜子に負けた時点で三年生であったために引退となり、その雪辱を後輩である「薩川佐代子」に託す形で晴らそうとする。

薩川が入部してきた当初から目に掛け「自身の持っている技術」を全部叩き込むようにして伝授した。
その結果、翌年の県大会で、薩川は桜子と別所愛子に勝ち、松原の雪辱は果たされた、かのように見えた。

しかしその一方で薩川が、桜子と別所愛子の「楽しむ柔道」に影響され、「柔道という競技に対する認識」を改めてしまう事となる。
「柔道に対する意識」という点で、松原は桜子たちに「負けてしまう」事となった。

そして薩川は、桜子や別所愛子、そして来留間麻理たちと仲良くなり、
その流れに巻き込まれる形で、というよりも「桜子の強引な親しさ」に飲み込まれる形で、松原もイヤイヤながらも桜子たちと親しくしていかざるを得なくなっていった


実は、第三回目のキャラクター人気投票で、松原渚は第20位となっており、当時のキャラ人気はけっこうあったりした。
この「薩川佐代子に絡めた松原渚の復活劇」も、この人気投票の影響によるものである、とも考えられる。

二次創作の話

さて、その薩川佐代子との仲なのであるが、
女子高先輩後輩
という、ある意味鉄板ネタであったためか、作者・河合克敏が「恐ろしく悪ノリ」し、作品内にて、コミックスの表紙絵まで使った「百合ネタ」を展開し、コミックスのイラスト投稿コーナー「絵筆をもってね!」でも、「松原と薩川の百合ネタ」が多数投稿される事となっていた。
先生何やってんすか

そして現在でもpixivにて「薩松」という百合カップリングの関連作品が投稿されている。

夏新刊8 「Last Lesson」




また、宮崎茂が作中で、
よーく見てみると、松原さんもカワイイよな
ちょっとコワイけど、そこがまた………
と、若干ドMっぽい(おいw)発言をしており、宮崎と松原の組み合わせの作品も当時「絵筆をもってね!」で投稿されていた。

帯ギュ詰め


※この投稿作品の43枚目に宮崎と松原の関連作品があり、他にも松原の関連作品多数がある。

関連タグ

女子高生 先輩
高飛車 負けず嫌い
ツンデレ

pixivに投稿された作品 pixivで「松原渚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 347

コメント