ピクシブ百科事典

東レ・アローズ

とうれあろーず

東レ・アローズは日本のバレーボールチーム。男子・女子共にV・プレミアリーグ所属。
目次[非表示]

男子バレーボール部

発足は、1947年に滋賀県大津市の東洋レーヨン(現・東レ)滋賀工場にて9人制のバレーボールチーム『東洋レーヨン九鱗会』。6人制でも活躍し、1964年にチーム本拠地を静岡県三島市の三島工場に移した。
実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に第1回(1969/70シーズン)から参加。
1970年、社名変更により、チーム名も『東レ九鱗会』と改名。しかし日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)になかなか上がれず1975年に初昇格。
4年後の1979年に実業団リーグ降格。その後しばらく実業団リーグ在籍が続き、1988年に10年ぶりの日本リーグ復帰を果たす。
1991年、社内公募により、チーム名が現在の『東レアローズ』となった。

主な選手
太字は現役。 尚、ここに挙げた選手は全てバレーボール全日本男子の経験がある。
富松崇彰 高橋健太郎 米山裕太

歴代の選手
泉川正幸 齋藤信治 青山繁 越谷章 加藤陽一

女子バレーボール部

元は大日本紡績(現:ユニチカ)の工場がもつ強豪チーム『日紡尼崎』『日紡足利』を統合させた『日紡貝塚』(⇒ユニチカ貝塚ユニチカユニチカ・フェニックス)で、東京五輪で金メダルを獲得した「東洋の魔女」の母体にもなった。
主要タイトル計62回は最多だったが長期不況による経営悪化を受けて1997年3月に貝塚工場が操業を停止。チームも2000年7月に活動を休止し、選手全員の受け入れ先として同年9月にかつての男子バレー部の本拠地でもあった東レ滋賀事業場が引き継いだ。
名前も、女子も男子と同じ思いで取り組むことを目指すために『アローズ』と改名。

主な選手
※2000年以降、太字は現役。 尚、大山未希以外は全てバレーボール全日本女子の経験がある。
木村沙織 迫田さおり 田代佳奈美

歴代の選手
熊前知加子 木村久美(初代 主将) 向井久子(第2代 主将) 小玉佐知子 佐野優子 大山加奈 大山未希(大山加奈の妹) 佐藤美耶 濱口華菜里 和田麻里江 荒木絵里香(第4代 主将) 宮田由佳里 中道瞳 高田ありさ

外部リンク

男子

公式サイト
Wikipedia

女子

公式サイト
Wikipedia

コメント