ピクシブ百科事典

柳生十兵衛(銀魂)

やぎゅうじゅうべえ

『銀魂』第437〜441訓で、柳生九兵衞が男体化した姿。

概要

一連の騒動のキーキャラクター。
1本増えたために、ついにモデルと同名になった
兵衛ではない(拝借表現)。

柳生十兵衛



複数の意味で一線を越えて生まれたキャラクターである。
服装に目立った変化はないが、女性時よりも髪が短く、史実の十兵衛により近くなっている。
戦闘シーンではだった面々を凌ぐ強さを発揮しており、性転換組で最もトクをしている。イケメン。恋慕を抱いていた志村妙性転換を免れたことにより、「この姿なら(胸はないが)胸を張って妙ちゃんと愛し合える」と喜んでいたが…。

ちなみに、もともとの性格が作用しているのか、それとも相手が元男だと無自覚に認識しているのか、銀子の胸を触ってしまっても、迷惑をかけたのかと困惑するが照れてはいないので、九兵衛時代同様、性欲がお妙専用に特化しているのかもしれない(元々、自分のものよりない胸に顔を埋めて喜ぶなどの特徴がみられた)。

なお、九兵衛は、モノホンの性転換をしたのは全メンバーで唯一、これで2回目である(最初はイボ篇)。

関連タグ

銀魂 デコボッコ様ショック 柳生九兵衛 男体化

コメント