ピクシブ百科事典

神楽惇

かぐらとん

『銀魂』第437〜441訓で神楽が男性化した姿。三国の英傑のような人。

CV:石井康嗣

概要

デコボッコ教という宗教団体の計画により神楽性転換した姿。
名前の由来は恐らく夏侯惇。語感も「かぐらちゃん」→「かぐらとん」と意外と似ている。
他の人物が性別が変わったとはいえ、元の姿の面影を残している中で、彼女だけなぜかどこぞの武将のような厳ついオッサンになってしまっている(メタ的に考えると、ただ性転換しただけではこの人になってしまうからだと思われる)。また、素ではたぶんありえない胸部解禁をしている。
外見に影響されたのか、内面の方も「漢(おとこ)」っぷりが凄いことになっており、神楽の面影は髪の毛の色くらいしかないが、コーラぶくぶくなど、引き継いでいる部分もなくはない。また、黄色のタオルを巻くJKリ貧ネなし)であるなど、年齢的にも成長している可能性がある。

クリス星襲撃の際には、神楽惇の装備で神楽の姿になっていた

関連タグ

銀魂 デコボッコ様ショック
赤・兎馬春
漢女 豪傑

蒼天航路』:台詞「ならばよし!」は曹操セリフである。

土方十四郎中の人中井和哉)は無双シリーズ夏侯惇を演じている。


カグーラ=ジャスアント:モンハン篇にて神楽が作成したキャラクター。こちらも顔に傷のある大男である。

関連記事

親記事

性別逆転篇 まじかるちぇんじ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「神楽惇」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241365

コメント