ピクシブ百科事典

櫻の樹の下には

さくらのきのしたには

梶井基次郎による短編小説。
目次[非表示]

概要

櫻の樹の下には』(さくらのきのしたには)は、梶井基次郎短編小説散文詩と見なされることもある。「桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる!」という冒頭文に始まり、話者の「俺」が、聞き手の「お前」に語りかけるという手法の物語満開かげろうの美・生のうちに、屍体というを透視し、惨劇想像するというデカダンス心理が描かれている。

1928年(昭和3年)、季刊誌『詩と詩論 第二冊』12月号に掲載された。3年後の1931年(昭和6年)5月に武蔵野書院より刊行の作品集『檸檬』に収録された。文庫版は新潮文庫『檸檬』、ちくま文庫『梶井基次郎全集 全一巻』などに収録されている。(Wikipediaより引用)

タグとしての『櫻の樹の下には』

この小説をイメージして描かれた作品につけられている。

表記揺れ

桜の樹の下には 桜の木の下には

関連タグ

梶井基次郎 文学 古典 小説 短編小説 散文詩
/ 桜の花 / 桜の木

外部リンク

pixivに投稿された作品 pixivで「櫻の樹の下には」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7664

コメント