ピクシブ百科事典

清水雷鳴

しみずらいめい

清水雷鳴とは、『隠の王』の登場人物。CV/藤村歩 『隠の世』の番人たる清水家の少女。

CV/藤村歩
年齢:14歳(4月1日生)
身長:161cm→164cm
体重:44kg→45kg
血液型:B型

風魔出身の侍である金髪のツインテールの少女。黒我聞という銘のを持つ。
性格は少し男勝りで修行好きの女の子。よく人違いをするのが癖。
六条壬晴の無関心で小悪魔気質には頭を痛めているが、大事な友達として理解している。
壬晴や相澤虹一のクラスに臨時生徒として居座り、壬晴の実力を確かめようと鉛筆を投げて机に突き刺したこともある。

灰狼衆に所属する兄雷光を両親の仇と思い込んでいたため、灰狼衆と接触する機会を求めて壬晴や萬天に近づいたが、壬晴が自分を仲間と認めてくれたことから誤解が解けた後も萬天と行動をともにしている。

関連イラスト

八巻の
雷鳴


関連タグ

隠の王 六条壬晴 相澤虹一  清水雷光
刀娘 金髪 ツインテール
雷鳴:表記ゆれ

pixivに投稿された作品 pixivで「清水雷鳴」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47908

コメント