ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

警告!!

本内容はブルーアーカイブストーリー最終編あまねく奇跡の始発点編の重大なネタバレを含みます。

概要

キヴォトス以前に劇中の世界の主であり、現在では既に淘汰され痕跡を残すのみとなった筈の存在。

自然を模った形で顕現するという「名もなき神」を崇拝しておりキヴォトスの人々とは友好的ではなかった様で、ケイアリス、アリウスが使った巡航ミサイル等の現在でも脅威となりうるキヴォトスに残るオーパーツを作り出した張本人。

ゲマトリアの面々にもその存在が知られている。



存在自体はメインストーリーのVol.2やVol.3で示唆されていたが、最終編にてシロコ*テラーの回想内で登場。


現在も忘れられた神々を消滅させることを目的としているようで、そのために色彩を使うことで彼女を色彩の嚮導者として祭り上げようとしたが、彼らも予想しなかった出来事により色彩の嚮導者の名は別の人物に与えられることとなった。


姿は人型で、頭部は仮面と帽子で覆われており、覗く手は彫像のように真っ白、プレナパテスに酷似したデザインの衣装を身にまとっているが、全身白装束という違いがある。

現在の勢力としての規模がどれかは不明だが、劇中では同じ姿で固有の名前のない無名の司祭(A〜G表記)の7人が登場している。


登場したのは別世界における彼らであったが、最終編における黒幕的存在であり、立ち位置からしておそらくは今後も敵対するであろう存在。















ネタ

本来ならネタにするようなところのない純然たる敵役なのだが、その彫像めいた無機質・不気味なビジュアルでぞろぞろと画面上に現れるインパクトや、見た目の印象に反して崇高なる存在に対する先生の不遜な発言、“大人”の選択に「驕るな――!!」「お前はこの選択を……未来永劫、後悔するだろう――!!」等と感情的に激昂する姿にシュールさを見出す形でネタにされている。


無名の司祭好き


なお、実際の台詞は「驕るな――(伸ばし棒)!!」ではなく「驕るな──(罫線)!!」であると思われ、叫んでいるのではなく言葉尻に余韻を持たせている表現である。

しかしテキストのフォントの都合上伸ばし棒に見えたり、あるいは罫線であると承知の上で「伸ばし棒の方が面白い」という意見も多い。


また、それ以外の台詞として「つまり――何を意味する?」、「理解できぬ」がその汎用性の高さからミーム化しており、新登場の生徒や総力戦ボスなどで複雑な効果のスキルがあった場合、その説明文に対して「つまり――何を意味する?」、「理解できぬ」とコメントするユーザーが現れるのが定番となっている。


その他様々に弄られており…


無名の司祭を通報するアリス

不審者扱いされて通報されそうになったり…


無免の司祭

自分自身が驕って自滅したり…


クソバカ司祭

無名ではなく無能だったり…


アイツ…驕ってない?

無名の司祭

漫画のパロディ素材にされたりしている。


そのため、無名の司祭ではなく有名な司祭というツッコミも。


そしてその変な人気の高さから、最近はブルアカの有観客屋外イベントにもコスプレという形で無名の司祭が出没している。

2024年1月20~21日開催の「ブルアカふぇす!~3きゅーべりーまっち、先生」で多数の目撃情報が確認され、2024年4月20日開催の生放送「ブルアカらいぶ!いとをかし☆春の京都旅行SP」に至っては実際に出演者に存在を感づかれてしまったことで『無名の司祭』がトレンド入りしてしまう有様だった。


関連タグ

ブルーアーカイブ

色彩(ブルーアーカイブ) シロコ*テラー プレナパテス

ケイ(ブルーアーカイブ) 天童アリス Divi:Sion


黒服(ブルーアーカイブ):無名の司祭の技術や名もなき神の知見があるなど、何らかの関連性が示唆されている。

関連記事

親記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3336929

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました