ピクシブ百科事典

猛獣との格闘刑

もうじゅうとのかくとうけい

猛獣との格闘刑は、古代ローマの処刑法。

概説

猛獣との格闘刑は、アウグストゥス時代の古代ローマ処刑法。
闘技場に連れてこられた受刑者とバーバリライオンなどの猛獣を戦わせる。
処刑は見世物として公開された。(つまり公開処刑、こんなの

猛獣との格闘刑ver.4

。)
異教徒だった頃のキリスト教徒の処刑に用いられた事でも有名。

元となったと思われる闘技(闘獣士の野獣狩り)とは異なり、受刑者は素手であるので、当たり前だが、

ハーピー
ホワイトタイガーと俺が融合


確実に食い殺されることになる。
(画像はイメージです。)
実際はこのようなものだったらしい。


関連タグ

古代ローマ 処刑

pixivに投稿された作品 pixivで「猛獣との格闘刑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 435

コメント