ピクシブ百科事典

獅子目言彦

ししめいいひこ

めだかボックスの登場人物。
目次[非表示]

新しい

人物

不知火の里の「闇」。五千年前に世界を救った英雄。千年に一人くらいいるとされる「理屈ではなく勝者であることを決めつけられた人間」。安心院の『完全なる人間』のイメージにあったであろう人物。一人称は『儂』。

大ボスとしてのテーマは「勝てない敵」。
名前の由来は鹿児島県鹿屋市獅子目町から。

過去

「土地を守り民の盾になり」「悪を正し弱きを助け」「仲間と共にあり女を愛し」[戦い続けた五千年前の」「御伽噺の英雄」安心院なじみが『ある目的』を達成するために対峙し、初めて、少なく見積もっても一億回以上敗北した相手。安心院なじみが勝てなかったのでおそらく『主人公』だと思われる。

その後四千年前には勇気ある少年に、三千年前には優しき策略家に、二千年前には老獪な魔女に、千年前には二刀流の義賊にそれぞれ勝利している。

現在

救うべき世界がなくなり生きる理由が『生き続ける』くらいしかなくなってしまった。そのため粗野で暴虐でやりたい放題で英雄像からも完全からも程遠くなってしまっている
寿命はとっくに尽きてしまっているがその『存在』を不知火の里は『役作り』をして人格や体格まで完全にトレースして次代の『獅子目言彦』が現れる、そして時間が経つとまた次の人物が言彦を受け継ぐというサイクルで五千年間伝承してきた。

不知火半袖は二十歳で言彦を受け継ぐことになっている。

性格

上記のように英雄像とは程遠い品格の欠けた性格であり、思い込みの強い性格である。また、媚びられるのを嫌い十三組の十三人の表の六人がご機嫌を取りに来た(と思いこんだ)時には情けないと一喝していた。
人吉を蚊扱いするなど人を見下しているかのような言動が目立つが、彼から見れば常に正当な評価を下している。獅子目言彦と常人との実力差は人と蚊のそれと同等、もしくはそれ以上なのである。

能力

言彦が世界に与えたダメージはスキルだろうと自然だろうと決して回復しない。
言彦に破壊されたものは治らず殺されたものは生き変えらない。
また一京以上のスキルを持つ安心院なじみ輪ゴム1つで殺されるなど凄まじい戦闘力を持つ。
その能力で受けた攻撃に対して防御することで攻撃を破壊することもでき、最強の攻撃力と同様に最強の防御力も兼ね備えている。
また並みの攻撃は防御するまでもなく、作中での彼に対する攻撃のほとんどは彼にとってマッサージ程度の刺激である。

ただし不可逆の破壊は言彦を倒すことで可逆の破壊となり、治療できるようになる。

最後

不知火半袖と自身の能力により、消滅した。『不知火不知編』最終話にて復活していたが、これは器となった人間が復活しただけで、代々受け継がれてきた『存在』自体は消滅している。本人は自分の存在を「残響」だと言っている。
器の人間は受け継がれてきた存在と違って、暴虐な獅子目言彦の外見と口調を受け継いだおとなしい人物である。その後は不知火半纏不知火半幅と共に不知火の里でのんびりしているようだ。

関連タグ

めだかボックス 安心院なじみ 主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「獅子目言彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30458

コメント