ピクシブ百科事典

白の女王

くいーん

白の女王とはデート・ア・ライブのスピンオフ作品『デート・ア・バレット』の登場人物の名称である。

ティム・バートン監督の映画、『アリス・イン・ワンダーランド』のキャラクターについてはこちら⇒白の女王(アリス・イン・ワンダーランド)




本項はデート・ア・バレットのネタバレに少し触れています。閲覧にはご注意ください






















概要

デート・ア・ライブスピンオフ作品『デート・ア・バレット』に登場した第三領域(ビナー)の支配者(ドミニオン)。
だが、それは決して時崎狂三が絶対に出会うはずのない、コインの表裏の関係であるはずの狂三の反転体である。
黒髪・黒ゴスな狂三とは対照的に白い髪に白い軍服、左目は青い文字盤の時計の瞳となっている。
その言動は全てに対して、愛しているし愛したくない、殺したいし殺したくないといった明らかな精神の破綻が見える言動をしている。
反転体であるためか〈刻々帝〉の能力を熟知している。

顕現する魔王は軍刀と歯車仕掛けの短銃の形状をした〈狂々帝(ルキフグス)〉。時を操る〈刻々帝〉とは対照的に、空間を支配する能力を有する。
現在確認されている能力は対象の空間内部の因果逆転を起こす【天秤の弾】、対象を強力な手駒であるルークに仕立てる【蠍の弾】といったもの。
弾の名前を類推するに、他の十二星座の名を冠する他の弾丸を有するかと思われる。

彼女に一度敗れて囚われた狂三の前に現れた別の狂三は、隣界とあの人を救えと告げる。即ち、白の女王は隣界全体への大いなる災い、そしてあの人を害そうとしているということが僅かに伺える。

pixivに投稿された作品 pixivで「白の女王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2764

コメント