ピクシブ百科事典

白バラ女王

しろばらじょおう

「バラの花は人々を微笑ませ、その香りは人々を優しい気持ちにします。」
目次[非表示]

概要

声:伊瀬茉莉也
初登場回:テレビアニメ第1296話A『バタコさんと白バラ女王』

上記のエピソードで登場した新キャラクター。人々を微笑ませるために旅をしている女王。
普段はつぼみの姿で黒バラ女王そっくりなガラス玉に包まれており、割ることで姿を現す(ただし、封印されているというよりは移動手段の姿という意味合いが強い。また本人の発言から、長時間ガラス玉の外にはいられない模様)

禍々しい黒バラ女王とは対照的に、ドキンちゃんから可愛いと言われるほどファンシーな容姿であり、それでいてかなり小さい(ちなみにばいきんまんは当初、黒バラ女王の色違いみたいなものと想像していた)
性格も優しく友好的。
白バラは、天使のウィンク!バラランバラランバラランラーン!」の声と共に白バラの杖を振ることで周囲に白バラの花びらをまき、相手を優しい気持ちにしたり、立派な白バラを咲かせることができる。

旅の途中で何かあったのか、森の中の岩の隙間に挟まって身動きが取れなくなり、元気をなくしていたところをバタコさんに拾われ、彼女に優しくしてもらったことで元気を取り戻した(なおバタコさんはその際、彼女のガラス玉を植木鉢の土の上にそのまま置いて水をやっていた。ガラス玉に包まれているのに、よく水を吸えたものである)
当初は喋る元気すらなかったのか、ガラス玉を震わせることで意思融通を図っていた(岩の隙間に挟まっていた際もこの方法で助けを呼んでいた)が、翌日には喋れるまでに回復していた。
その後、彼女を黒バラ女王と同じような存在と思い込み、利用しようとしたばいきんまんにガラス玉を割られた為に前記の姿があらわとなり、そこで一悶着あった末にアンパンマンがばいきんまんを撃退。
最後は皆の前で白バラを咲かせ、バタコさんに助けてくれたお礼を言ったのち、ガラス玉に包まれて再び旅に出た。

外見や性質から黒バラ女王と対極の存在と思われるが、彼女との関係は現時点では不明である。

関連キャラ

黒バラ女王 バタコさん

関連タグ

それいけ!アンパンマンの登場人物 白バラ 女王

関連記事

親記事

それいけ!アンパンマンの登場人物 それいけあんぱんまんのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「白バラ女王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2190

コメント