ピクシブ百科事典

白銀ゴウカ

しろがねごうか

白銀ゴウカはメディアミックス作品『ガイストクラッシャー』の登場人物。

白銀ゴウカはメディアミックス作品『ガイストクラッシャー』の登場人物。

概要

 仕出し弁当店『しろめし屋』店主で主人公レッカの父親。2026年8月3日生まれ。獅子座のB型。38歳。身長182.5cm、体重100kg。特技は釘の速打ち、苦手なものは堅苦しい話。息子の髪色と質は彼譲り。豪快で豪放大胆を地で行くが、女の子関連は途端に戸惑う極端さも受け継がれてる。店のレパートリーは豊富で素材を自らの脚を使って厳選。早朝の仕込みも変わった方法でするこだわり様。娘以上の剛力の持ち主で、子供らを伸す事が度々見られる。

 様々なメディアでは登場は少ないものの、ホビー ガイメタルシリーズの1エピソード『ゴウカと家族』では深夜一人で仕入れの仕事をしている。時に小型ガイストの群れに出くわしても逆に攻撃を加える非常識さを持ち合わせ、自分を心配する息子が妻や娘を安心させる説得でGCGの集合時間に遅れるなど以前と違う行動に成長したと感慨深げであった。大型ガイストをクラッシュ後に同じく心配させたハヤトとクラマにも礼としてご馳走を仕事した分だけ振る舞った様である。

 『神章』に於いても暗黒島で待ち受けるゴッド・アトゥムがレッカの絶望的状況でも諦めない覚悟に興味を示し、ハヤトらを含めてその原点が両親にあるのを語っている。

 元々は鉄鋼町のあるホテルの厨房で妻と共に働く調理師であったが、商店街が過疎や大型店舗の進出により危機を向かえ、その事を憂い仕事を辞め弁当屋を開業。当初は畑違いから閑古鳥が鳴く程であったが、チラシ配りから配送まで休み無く働き続けていた。

 ある日のレッカはその事を尋ね「最後まで貫き通す事が覚悟」だと答えている。この言葉を格好いいと感じ、これ以降店の手伝いをする様になったと言う。

関連タグ

白銀レッカ 息子。
白銀リン  娘。
白銀ひのこ 愛する妻。
ロック・ボルカン 似た者同士で、友情を結ぶ。
桜さんご     TVシリーズで息子の事を訪ねられたおり困惑していた。
金剛寺ハヤト   クリスマスで祝ったことがないと笑ってしまうが、自分等も本格的にやってないからという諸事情も含めて。 彼のロードワークには必ず店の前を通っている。

コメント