ピクシブ百科事典

的盧

てきろ

馬相の一つ。的盧馬。凶馬。特に三国志に登場する劉備の馬として有名。
目次[非表示]

概要

馬相の一つ。馬相とは馬の顔の相を見る占いの一種。眼下の涙を留める場所が大きく、額に白い点がある。この相がある馬は持ち主を祟るとされている。
所謂白斑、額の星の事。

劉備の愛馬

三国志の劉備の愛馬として登場する。劉備が的盧馬に乗り敵将・蔡瑁から逃走したところ、檀渓の水中に阻まれて追い詰められしまった。自身の命運も尽きたと思い劉備が「的盧、ついに祟ったか」と言うと、谷を越えて劉備を救った。

三国志演義では大きく脚色されており、賊将・張虎討伐の際に手に入れ、その俊足に感嘆した劉備が劉表に献上するが、的盧であることを知った劉表が劉備に誤魔化しながら突き返し、凶馬であると忠告を受けた劉備は所詮迷信であると取り合わなかった。その後は大体正史と同じだが、龐統が馬を失った際に与えた劉備の馬が的盧であるという解釈も有る。
文中では白馬とされるが、白馬の場合馬相が目立たなくなるので、芦毛で年を取り白馬になったと解釈されることも有る。


関連タグ

 名馬 疫病神
劉備 三国志

関連記事

親記事

劉備 りゅうび

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「的盧」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2581

コメント