ピクシブ百科事典

真宮裕明

まみやひろあき

真宮裕明とは漫画『ミスミソウ』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

演:大友一生

概要

大津馬中学3年生の男子生徒。主人公・野咲春花の同級生で、彼女をいじめるグループの一員。いじめっ子達の中でも、特に人相の悪い少年。

仲間内では橘吉絵に続き、非常にサディスティックで残虐非道、狡猾な性格の持ち主。愛用のボーガンで小動物を殺すことが趣味。
池川努とつるんでおり、彼の家にあるプレハブ小屋を秘密基地にし、多数の武器を隠し持っている(なお、彼のボーガンも元は池川が購入したもの)。

春花へのいじめには、田舎で暮らす日常の鬱憤晴らし感覚で参加し、彼女の机に動物の死骸を入れるといった悪質な嫌がらせをしていた。

グループの中でも倫理観が著しく破綻しており、彼女の家族殺害に関しても、単なるゲームの延長戦としか思っておらず、春花の母を脅していた久賀に(同じく残虐な彼ですらその気はなかったにも関わらず)「人が焼け死ぬところを見たいから」と火をつけるように煽っていたほど。

家庭環境に問題があり人格が歪んでしまった吉絵、排他的ではあったが仲間想いな面を見せていた久賀と比べても、そうしたバックボーンがない分、非道さが強調されたキャラクターである。



























ここからはネタバレになります









野咲は復讐の鬼と化した。次に消えるのは・・・・・・オメーかもな、首謀者


バ、バカ言わないで!なんでわたしだけ、アンタたちだってーーーーーーーーー


オレたちは、そうやすやすと殺られねぇぞ


なにする気?


鬼退治だ








久賀が行方不明になったことで、春花の復讐を察知し、池川と共に闇討ち(本人曰く「鬼退治」)を計画した(この際に佐山流美に電話で自身の計画と共にそのことを伝えており、彼らが音信不通になったことで、彼女が裏山にていじめっ子の女子を発見するきっかけになった。上記の台詞はその際のやり取り)。

祥子の見舞いに行く春花の後をつけ、林道で池川が祥子を強姦しようとしたと煽った上で、池川に彼女を襲わせ、その隙にボーガンで射殺しようとする。
しかし池川を間違って撃ってしまい、発狂した彼に襲いかかられる(この際にあっさりと池川を見捨てており、彼の酷薄ぶりと、池川とは単に馬が合うので馴れ合っているに過ぎなかった事実が伺える)。
そして隙をつかれ、春花に包丁で刺され、「ちょっとタイム」と言いながら逃亡。先が凍った池だったため、氷が割れ、自身のボウガンで撃たれた挙句に、池に落ちて溺死した(映画版では春花の凶刃で止めを刺された)。




ふざけやがって ふざけやがってあの女
あんな女に・・・・・・こんなハズじゃなかった
あ・・・あんな女楽勝だった・・・楽勝だったのによ・・・!!
まだトドメさそうってのかよ





春花の復讐の5人目の犠牲者。問答無用で春花の両親を殺害しておきながら、自分勝手な命乞いをし、更に愛用の武器で容赦なく殺されるという情けない最期を遂げた。
その後は行方不明扱いだったが、物語の最後では遺体が回収された(両親がどのような人物かは描写されていないが、息子が行方不明になった際に、担任の京子に何度も事情を聞く電話をかけているため、それなりに愛情はあった模様)。










さらにネタバレ(結末に関わります)
















なお、この林道は春花の復讐劇の最後の現場にもなっている。
その際に致命傷を負わされた春花が最後にすがった凶器が現場に放置されていた彼のボーガンであり、彼の闇討ちの計画は春花に復讐を遂げさせるという皮肉な結果を招いた。


関連タグ

ミスミソウ サディスト

関連記事

親記事

ミスミソウ みすみそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真宮裕明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 394

コメント