ピクシブ百科事典

南京子

みなみきょうこ

南京子とは、漫画『ミスミソウ』の登場人物である。
目次[非表示]

演:森田亜紀

概要

大津馬中学に勤務する教員(担当科目は不明)で、野咲春花小黒妙子らのクラス担任を務めている。明るい色の髪が特徴的な妙齢の女性(実写映画版では役者のこともあり、黒髪の中年女性になっている)。喫煙者。

非常に冷淡かつ排他的な性格の持ち主で、春花が転入してきた日も歓迎するどころか、「クラスをかき乱すような真似はするな」と言い放ったほど。
加えて徹底した事なかれ主義者でもあり、教師でありながら春花のいじめを黙認し、彼女の父が抗議に来た際にも素っ気ない態度で追い返した。
また自己防衛のために、クラスのリーダー格である妙子を友達と呼んで彼女の言いなりになっている(彼女のことを「タエちゃん」と呼び、妙子は彼女のことを「キョンちゃん」と呼んでいた)。

このため、保護者はおろか生徒達からの人望は皆無で、彼女を軽視して授業態度の悪い生徒もおり、特に妙子の取り巻きからは「イカレ教師」と酷評されている。当の京子の方も、問題を起こす生徒のことを不快感を抱き、内心では疎んじていた。

ただしその一方で、少しでも悪口を言われたと感じると、時と場所を選ばず嘔吐してしまう(そのため、友達として接していた妙子からも「ゲロ教師」と見下されていた)など、根は非常に情緒不安定でもある。

作中では、クラスの生徒が相次いで行方不明になっても、上記の性格が変わることもなく、久賀を問題児扱いした挙げ句に彼の母を異常者呼ばわりしたり、娘が行方不明になり事情を聞きに自宅に訪ねてきた橘吉絵の父に「問題を起こす生徒はいなくなって結構」と言って追い返したりしていたが・・・・。







ネタバレ









実は彼女もかつては大津馬中学校の生徒だった。
しかし身体が弱かったことに加え、同級生の高橋という女子生徒を筆頭としたクラスメイト達から、嘔吐してしまう脆弱性を面白がられたことがきっかけで過酷ないじめを受けていた。

その内容は、「『ロッカーに閉じ込められる』『制服を剥ぎ取られる』『全員一斉に罵倒する』などの暴力的手段によるストレスを与えて無理やり嘔吐させる」という春花へのいじめが可愛く思えるほどの苛烈なものであり、それがきっかけで登校拒否に追い込まれていた(小説版では、教師も彼女のいじめを黙認していた上に面白がっていた描写もある)。


卒業式にも参加しておらず、いじめられたことは彼女の中で深いトラウマとなっている。「現在の生徒達をかつてのクラスメイトとして見立て、廃校寸前の学校から共に卒業することで、中学時代の辛い記憶を塗り替える」ために教師となった。故に生徒達自体には無関心で、冷酷な態度を貫いていた。




終盤に小黒妙子の遺体が見つかったことで、それまで行方不明になっていた生徒の保護者達によって警察署に呼び出され、一斉に責め立てられる。その際にも、妙子のことを「友達」扱いしていたのは保身のためだと明かすなど、酷薄な言動を見せていた。
しかし、自身の素性を調べた上で「いじめられることを恐れるあまり、クラスメイトである子どもに手をかけたのでは?」と難癖をつけてきた橘吉絵の父の行動により、かつてのいじめの記憶がフラッシュバックしてしまう。
錯乱して(実写映画版では暴行せずに終わっているが)保護者の一部に傷害を加えて逃げ出したところ、通りすがりの除雪車に轢かれ、身体を細切れにされて息絶えるという焼死した春花の両親と匹敵するほど凄惨な死を遂げる





彼女が自己保身のために、クラス内のいじめを放置したことが、結果として自分自身の死を招くという皮肉な結果をもたらしてしまう。



全てが終わった後、情緒不安定な南を心配して一人彼女を庇い、無惨な死に様を目撃した教頭は、複雑な心境で卒業式を開催していた。

いじめに適切な対処をしなかったこと、生徒へ非情な態度を取っていたことなどから教師失格と言える人物だが、春花や流美同様、壮絶ないじめによって人生・性格を歪められた被害者の側面もあること(作中で問題児だった久賀の母でモンスターペアレントの正絵を見た際のやり取りや心境からもそれが伺える)、問題のある保護者達に自分がしてもいない罪をなすりつけられ糾弾されたことなどには、同情の余地がある。

関連タグ

ミスミソウ モンスターティーチャー 哀しき悪役

関連記事

親記事

ミスミソウ みすみそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「南京子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3742

コメント