ピクシブ百科事典

三島ゆり

みしまゆり

三島ゆりとは漫画『ミスミソウ』に登場するキャラクターである(下段の左から二番目の少女)。
目次[非表示]

演:櫻愛里紗

概要

大津馬中学校3年の女子生徒。主人公・野咲春花の同級生で、彼女をいじめるグループのメンバー。
原作ではショートヘア、映画版ではロングヘアの髪型をした少女。冷静だが、神経質な性格の持ち主。
親友の加藤理佐子とセットで行動していることが多い。彼女同様に橘吉絵に従う子分のような存在でもあるが、小説版によると内心では厄介者扱いしていた模様。

また、いじめにこそ加担していたが、いじめっ子の中では理佐子同様にまだ常識的な感覚の持ち主(実際に春花の家の放火では理佐子と共に怯えて傍観するのみで、他のいじめっ子達より先に現場から逃げ出した後、外出していた春花と相場とすれ違った)である。

放火事件後は罪の意識に怯え、事態がここまでの惨事になってしまったにも関わらず、微塵の罪悪感も抱こうとしない他のいじめっ子達のことも引くようにもなる(但し、流美の計画に加担してしまったことや、春花の家族を死なせてしまった罪悪感よりも自己保身が最優先であることは変わりない)。













以下、ネタバレあります。








放火事件で家族に殺人の嫌疑が知られることをひどく恐れるようになり、小説版では情緒不安定な理佐子を励まし、黙認を決め込もうとしていた。

しかし、橘吉絵が春花に自殺を強要した際には、裏山にある不法投棄場所になっていた穴において、その手伝いをさせられる(佐山流美が自殺するように言い出した時には、流石に止めようとしたが、吉絵に脅され、仕方なく協力させられた)。

そこで復讐鬼と化した春花に襲われ、恐怖のあまり、理佐子が襲われている最中に、二人を見捨てて逃げようとする。

しかし春花にアキレス腱を切られ(小説版においては鉄パイプを振り下ろされたことで)、廃棄物の上に落下する。頭部を強打したことで両目が突き出し、流れた血の筋により腹話術人形のような衝撃的かつ無惨な死顔のまま息絶えた。

春花の復讐劇における第二の犠牲者となる。
死後、遺体は吉絵や理佐子同様に春花により現場のブルーシートを被せられたことで隠蔽された(真宮と池川の行方不明を受けて流美が遺体を発見し、終盤では他の二人同様に遺体が回収された模様)。

家族に殺人の嫌疑がかかることを遅れていた彼女だったが、皮肉にも彼女の両親も、他のいじめっ子の保護者と同じく娘の犯罪の事実を知ってしまった模様。

理佐子のようにそれなりに常識を持ち合わせていたこと、流美のようないじめられっ子ではなく、また吉絵のように家庭に問題がなかったわけでもなさそうなので、いじめにさえ加担したければ、死ぬことはなかったと考えると、哀れな面もある。




関連タグ

ミスミソウ 腰巾着

関連記事

親記事

ミスミソウ みすみそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「三島ゆり」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 518

コメント