ピクシブ百科事典

小黒妙子

おぐろたえこ

小黒妙子とは、押切蓮介による漫画作品『ミスミソウ』の登場人物である(メイン画像右側の少女)。
目次[非表示]

実写映画版キャスト:大谷凜香

概要

大津馬中学3年の生徒。主人公・野咲春花の同級生で、彼女をいじめていたグループのリーダー格の女子。
清楚で大人しい春花とは対照的に、ロングヘアー(映画版ではボブカットの髪型)を茶色(小説版及び映画版では金色)に染めたクールかつ強気な美少女。

クラスの支配者(=女王)として君臨しており、担任のも彼女の言いなりと化している。しかし、妙子本人は自分に付きまとってくるクラスメイトと南達のことを内心では非常に疎ましく思っている。

作中では、周囲を扇動して春花に陰惨ないじめを仕掛けていた。その一方、佐山流美のことは自身への異常な執着に(小説版では彼女に隠し撮りされていたことも含めて)気づいていたため、春花以上に忌み嫌い、春花の転校前後から流美をいじめの標的にしていた。

実家は裕福で、両親との三人家族。父は仕事で全国をあちこち飛び回っている実業家であるため、ほとんど家にはおらず、普段は母と二人で暮らしている。
将来の夢は美容師。東京に強い憧れを抱いており、都内にある美容系の専門学校に進学を希望している。しかし、その夢は温厚な母からは理解を得ているものの、高圧的な父には「ただのわがまま」(映画版では更に「娘の就職先は自分(=父)が決める」)と一蹴されてしまっており、それ以来言い出せずにいた。















※以下、ネタバレ注意!!













いじめの主犯ではあるが、春花の家族の殺害には無関係。



いじめグループの中では常識的な感性を失っていない数少ない人物で、きつい言動が目立つものの、本来は他人を気遣う面倒見の良い性格の持ち主(しかし、流美を執拗にいじめていたことや彼女への仕打ちは後悔していないことなどから、気に入らない相手は平然といびり抜く陰湿な裏の顔があることは否めない)。

春花とも彼女の転校当初は仲が良く、自分の夢を打ち明けている(このため、春花は妙子を恨もうとしなかった)。
また、相場晄の本性を知っていたため、彼を蛇蝎のごとく嫌っていた(漫画版及び映画版では知った経緯は描写されていないが、小説版では相場との親交を築きかけた際、彼が「傷だらけになった自分の母」の写真を見せたことで本性を察知したため、ストーカー扱いするほど嫌うようになったことが明かされている)。

実は春花に対して百合に近い感情を抱いており(映画版ではそれが強調されいるため、春花とは相思相愛の仲になっている)、いじめを行ってしまったのも、相場と付き合い始めた春花に対して失望したためだった。
こうした事情から、流美のそれとは異なり、いじめの方法も物を捨てるといった間接的なものに留まっており、自らの暴力で春花を傷付けることはしていない(むしろ周囲が妙子に同調して春花に危害を加えていた)。
流美が首謀した春花の両親殺害には一切関与していないが、流美が殺害を仄めかした際にも本気にしておらず、皮肉を込めて「頑張って」「期待してるから」と述べており、それが放火の引き金になってしまった。

物語終盤、春花の両親殺害は自身のいじめや上記の皮肉な発言が招いたものであると、強い後悔と罪悪感に苛まれるようになる。また放火の首謀者である流美に助けを求められるが切り捨てた。
その後、春花と二人きりになった際に、不器用ながらも春花に謝罪し(映画版では更に本当の想いを告げ)、彼女に「胸を張って生きて」と言われ、晴れて和解すると同時に、互いに前を向いて生きる決意をした。

…が、帰宅途中で待ち伏せしていた流美に襲われる。ペティナイフで応戦するも、流美との死闘の末に致命傷(右目を潰された上に、右手を包丁でズタズタに切り裂かれる)を負い、命を落としてしまう。
死の間際、ボロボロの左目で傷付いた右手を見て、自分の夢が潰えたことに気づき、涙を流した。





・・・こんな右手じゃあ ハサミ持てないじゃん







いじめグループの中では唯一の流美の復讐による犠牲者。春花の復讐は受けなかったものの、自身が嫌悪し一顧だにしていなかった流美の憎悪の対象となり、彼女にしてきた報いを受けるという皮肉な最期を迎えることになってしまう。

その後、彼女の遺体は通行人によって発見され、両親も娘の死を深く悲しみ、彼女の夢を理解してあげられなかったことを強く後悔することになる。

彼女の死は、流美に彼女への依存を断ち切ると同時に更に暴走する、担任の南が保護者から責め立てられ死亡する引き金となった。



映画版では流美との対決に負ける展開は漫画版・小説版と共通しているが、辛うじて生存している。流美の襲撃による後遺症を負ってしまったが、数少ない卒業生として卒業式に出席した。卒業式後、一人訪れた無人の教室で春花と幸せな時を過ごしていた頃の幻を目にした。




関連タグ

ミスミソウ 三角草 スクールカースト 闇堕ち
野咲春花 佐山流美 相場晄

関連作品および関連人物

ライフ
安西愛海:当初は入学した高校で孤立していた主人公と初めての友達になったものの、あるすれ違いから、いじめグループのリーダーとして凄惨ないじめを仕掛けるようになった。
校舎のうらには天使が埋められている
蜂屋あい:クラスの中心人物でいじめグループのリーダー。自らの手を汚さないようにクラスメイトを扇動していじめを仕掛ける。
吉井麗音奈:当初は積極的にいじめを行なっていたが、友達へのいじめが予想以上に残虐になったことから次第に強い後悔と罪悪感に苛まれるようになる。

関連記事

親記事

ミスミソウ みすみそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「小黒妙子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 16163

コメント